機関車・電車写真紀行→鉄道写真紀行トップページ 駅や機関車・電車、鉄道沿線風景などの写真と動画


  駅
・京都駅
・JR奈良駅
・日暮里駅
  機関車・電車
・お召し列車専用指定機
・勾配用蒸気機関車
・車掌車
  鉄道沿線
・みやこ路快速・下り
・みやこ路快速・上り
・東海道本線・上り
  路面電車
・土佐電
・ワルシャワ
・リガ
  鉄道博物館・他
・ジオラマA
・リニア・鉄道館
・JR東海浜松工場
  管理人
・リンク集、

マレー式機関車 鉄道博物館   埼玉県さいたま市
マレー式機関車
マレー式機関車 マレー式機関車
マレー式機関車 マレー式機関車
マレー式機関車
 東海道本線が御殿場経由の時代、急勾配のある箱根越えで活躍した「マレー」式機関車
●大きな牽引力を得ながら曲線を通過できるように「間接式台枠」を採用
●高圧シリンダーで使用した蒸気を低圧シリンダーで再び活用する「複式」を採用
●2組の走り装置のうち、前方が左右に可動する「マレー式」を採用
●出力を増やすため、蒸気の中の水分を除く「過熱式ボイラー」を採用
番号 9856(9850形式) 製造年 大正元年(1912)
製造所 ヘンシェル&ゾーン(ドイツ) 全長 18.9m
東海道の難所、箱根越え
 国の発展とともに、明治末期、重要な幹線である東海道本線の輸送力増強が求められた。動輪の数が多い大型蒸気機関車を走らせるのは、カーブが曲がりにくくなるため、曲線の多い日本の線路には向かない。
 そこで、明治44年から(1911)動輪を関節的に配置して輪数を増やし、強力な牽引力を得る「マレー式」機関車をアメリカやドイツから輸入し、東海道本線の難所である箱根越えなどの急勾配区間の導入した。「マレー式」で機関車の力は向上したが、その後、国産の優秀な過熱式機関車が登場すると、構造が複雑な「マレー式」機関車はつかわれなくなった。

大きな地図で見る
機関車・電車
蒸気機関車 C11 C11蒸気機関車@ C11蒸気機関車A C11蒸気機関車B
蒸気機関車 C51 C51高速旅客用機関車 お召し列車専用機new
蒸気機関車 C58 C58蒸気機関車 客貨両用蒸気機関車
蒸気機関車 D51 D51蒸気機関車@ D51蒸気機関車A D51蒸気機関車B D51蒸気機関車C
蒸気機関車 C56蒸気機関車 C57蒸気機関車 C62蒸気機関車 C55大型蒸気機関車
尾西鉄道蒸気機関車 マレー式機関車 入換専用機 善光号機関車
弁慶号機関車 ケ91タンク機関車 ブルーSL 1号機関車
タンク式蒸気機関車 230形233号蒸気機関車 貨物・勾配用機関車 勾配用蒸気機関車
C59大型蒸気機関車 3シリンダー機
電気機関車 ED11電気機関車 ED18電気機関車 デキ211号 ED40電気機関車
ED75電気機関車 EF58電気機関車 EF66電気機関車
ディーゼル機関車 DD13ディーゼル機関車 DE10 1014
新幹線 0系新幹線 100系新幹線 食堂車 初代「のぞみ」試作車
「のぞみ」用新幹線 超伝導リニア 200系新幹線
電車 新性能近郊形電車 振子式特急電車 鉄道省初の鋼性電車 パノラマ車
急行形電車 急行形電車の1等車 木製電車 流電
木造単車旅客 国鉄最初の電車 新性能電車 特急形電車(181)
特急形電車(交直流両用)
通勤電車 通勤形電車 初期通勤電車 電動車
気動車 気動車特急(181系) 気動車(48000形式) 特急形気動車(82系) 蒸気動車
気動車(41300形式) 20形ディーゼル動車
客車 明治天皇御料車 3等客車 標準形の3等客車 展望車
開拓使号客車 半鋼製客車 御料車 大正時代の客車
三等客車(明治)
寝台車 1等寝台車(10形式) 1等寝台車(40形式)
測定車 建築限界測定車 ドクターイエロー 新幹線試験電車
貨車 荷物車 高速貨車 無蓋貨物車 木造有蓋貨物車
貨物緩急車
その他 日本最古の電車 日本の鉄道と狭軌 双頭レール 軽便
馬車鉄道 人車鉄道 車掌車


Google
WWW を検索 鉄道写真紀行 を検索


「鉄道写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。
Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.