ヨーロッパ写真紀行 トップページへ リトアニア写真紀行
ヨーロッパの自然・建築・街角などの写真と動画


東 欧
ポーランドリトアニアラトビアエストニア
中 欧
オーストリアハンガリーチェコスロバキア
西 欧
ドイツフランススイスイギリスモナコ
南 欧
スペインイタリアバチカン市国ポルトガル
北 欧
フィンランドスウェーデンノルウェーデンマーク
管理人
機内食リンク集番外編

杉原千畝記念館A カウナス
杉原千畝記念館
杉原千畝記念館 杉原千畝記念館
杉原千畝記念館 杉原千畝記念館
杉原千畝記念館 杉原千畝記念館 杉原千畝記念館 杉原千畝記念館 杉原千畝記念館 杉原千畝記念館 杉原千畝記念館 杉原千畝記念館 杉原千畝記念館
 昭和15年(1940)7月、カウナスの日本領事館に、ポーランドからリトアニアに大勢のユダヤ人が逃げてきた。ナチスの迫害を逃れるため日本の通過ビザの発給を求めて来たのだ。
 杉原千畝は、ビザ発給の許可を本国外務省に求めるが不許可だった。しかし、救いを求めてビザ発給を求める領事館前の人垣を見て決断した。本国の指示は不許可だったが、独断でビザを発給した。これによって救われたユダヤ人は6000人を超えるといわれている。発行されたビザは「命のビザ」と呼ばれた。
 戦後、この杉原千畝の功績は大きく評価され、首都ヴィリニュスに、「スギハラ通り」や記念館がある。イスラエルにも「チウネ・スギハラ通り」がある。日本のシンドラーとも言われている。
杉原千畝記念館
 昭和15年(1940)夏、ソ連が在カウナス日本領事館を閉鎖した。その後、杉原千畝は最初にケーニヒスベルグ(現在のカリニングラード)へ赴任し、他国でも外交活動を続けた。最終勤務地はルーマニアであった。
杉原千畝の言葉
 『私のしたことは外交官としては、間違ったことだったかもしれない。しかし、私には頼ってきた何千人もの人を見殺しにすることはできなかった。大したことをしたわけではない。当然のことをしただけです。』 
 彼の出身地である岐阜県加茂郡八百津町には杉原千畝記念館が設置されている。
リトアニア
トラカイ 国境からの道風景 トラカイ城への道 トラカイ城@ トラカイ城A
トトリシュキュ湖
ヴィリニュス(旧市街) ゲディミナス塔 ヴィリニュス大学 旧市街@ 旧市街A
ユダヤ人の通り 聖アンナ教会 ベルナルディン教会 市庁舎広場
聖カジミエル教会 オブジェ 国立フィルハーモニー 人間の鎖
大聖堂 鐘楼 街歩き@ 街歩きA
夜明けの門 聖ミカエル教会 聖ヨハネ教会 街角
看板@ 看板A 大統領官邸
ヴィリニュス テレビ塔 トロリーバス オープンカフェ@ オープンカフェA
コルドゥーナイ クラウンプラザ ネリス川 イベント
レンタサイクル 聖ペテロ&パウロ教会@ 聖ペテロ&パウロ教会A 聖ペテロ&パウロ教会B
通り 新市街 カナウスへの道風景
カウナス 杉原千畝記念館@ 杉原千畝記念館A トロリーバス カウナス市街
シャウレイへの道@ シャウレイへの道A
シャウレイ 十字架の丘@ 十字架の丘A ラトビアへの道@ ラトビアへの道A


Google
WWW を検索 ヨーロッパ写真紀行 を検索


「ヨーロッパ写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。
Copyright(c) 2008-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.