ヨーロッパ写真紀行 トップページへ エストニア写真紀行
ヨーロッパの自然・建築・街角・世界遺産などの写真と動画

東 欧
ポーランド リトアニア
ラトビア エストニア
中 欧
オーストリア ハンガリー
チェコ スロバキア
西 欧
ドイツnew フランス
スイス イギリス
ベルギー オランダ
モナコ
南 欧
スペイン イタリア
バチカン市国 ポルトガル
北 欧
フィンランド スウェーデン
ノルウェー デンマーク
管理人
機内食 リンク集
番外編
市議会薬局 タリン
タリンの市議会薬局
タリンの市議会薬局 タリンの市議会薬局
タリンの市議会薬局 タリンの市議会薬局
タリンの市議会薬局 タリンの市議会薬局
タリンの市議会薬局 タリンの市議会薬局
市議会薬局の看板 市議会薬局・玄関
 1422年に創業したヨーロッパ最古の薬局「市議会薬局」。1422年は日本では足利将軍の室町幕府の時代である。この薬局では、「恋の治療薬」(失恋の治療薬)なるものが売られている。それも中世からとか。値段は1ユーロ。アーモンドをベースにして特別な秘伝の製法で作られているとのこと。
 店内に入ると、戸棚には、乾燥したカエル、黒ネコの血、油漬けのミミズ、ウサギの心臓、瓶詰めにされた動物たち等々がずらりと並んでいる。これらは中世の治療薬だったかもしれないが、現在、おおかたのもは現在販売されていない。店内には中世の薬品や薬を量ったり作ったりする器具や薬に関する書物などが展示されている。
 ここは薬局として営業しているので、現代の薬やクリームなどが販売されている。市議会薬局の看板(最下段左画像)には再生のシンボルとして蛇をあしらってある。
エストニア
タリン トラム@ トラムA バス バルーン
新市街 ラディソン ブル スカイ
タリン(郊外)    ピリタ海岸への道 ピリタ海岸 歌の原 タリン郊外
職人の店 職人の作品@ 職人の作品A 職人の作品B
パン職人の店
タリン(旧市街)    オープンカフェ@ オープンカフェA A・ネフスキー聖堂 トームペア城
マジパン 雨樋 旧市街@ 旧市街A
観光馬車 ラエコヤ広場@ ラエコヤ広場A 看板
看板娘 街角の国旗 露店 最古の建造物
建物@ 建物A 建物B 城壁
首相官邸 旧市街の小路 旧市庁舎 街灯
三人姉妹new 聖カタリーナの小径 薄暮の旧市街 聖母マリア大聖堂
城門 聖ニコラス教会 観光郵便局 聖霊教会
市議会薬局 牛ステーキ 観光列車 街角
長い足通り 短い足通り 旧市街の通り@ 旧市街の通りA
エンペラーメニュー
バルト海 ヘルシンキ港への船旅@ ヘルシンキ港への船旅A

「ヨーロッパ写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2008-2022 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.