写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <長い坂、短い坂、有名な坂、無名な坂道などを巡る坂の写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

切支丹坂 現在の切支丹坂   東京都文京区
庚申坂
庚申坂
 明治時代に道が開かれてから切支丹坂と呼ばれている坂。
 切支丹屋敷跡の周辺には、本来の名前の他に切支丹坂とも呼ばれる坂が庚申坂をはじめいくつか存在する。これらの中で現在、切支丹坂と呼ばれているのが地下鉄丸の内線、茗荷谷地区の高架線トンネルから西方の小日向台地に上がるこの坂である。
 江戸時代には坂の途中で南に直角に曲がり更に西に向かう坂(現在は住宅地に変わり消滅)で切支丹屋敷に到達していた。つまり江戸時代には、直線に結ぶ現在の坂はできておらず、明治20年代になって道が開かれ直線の現在の坂となった。この点で本坂を切支丹坂と呼称するのは正しくない。
 しかし、『新撰東京名所図会』(第45編 小石川区之部其三 明治39年・1906刊)が、庚申坂は切支丹坂ではないと述べた上で「庚申坂の西、小溝に架したる橋を渡りて、両側薮の間を茗荷谷町男爵津軽邸前へ上る坂あり、無名坂の如く称すれど、是れ真の切支丹坂なり。坂の上に往時切支丹牢屋敷ありたり、故に此名に呼ぶなり」と述べている。
 以来、本坂は切支丹屋敷跡に隣接していることからも、切支丹坂と呼称すると雰囲気的にイメージしやすいこともあってか、こう呼ばれて書籍、地図にも記載されている。里俗に幽霊坂とも呼ばれていた。
 とぼとぼと老宣教師ののぼりくる
   春の暮れがたの切支丹坂 (金子薫園)
 坂の左右は瀟洒な住宅地となっている。 (画像はHさんの提供)
北海道
函館 魚見坂 船見坂 千歳坂 幸坂 姿見坂 常磐坂
弥生坂 東坂 基坂 日和坂 八幡坂 チャチャ登り
大三坂 二十間坂 南部坂 谷地坂 護国神社坂 あさり坂
青柳坂
東北
茂市ケ坂
関東
東京 渋谷区 道玄坂 宮益坂 オルガン坂 スペイン坂
港区
(赤坂)
南部坂 氷川坂 本氷川坂 転坂 稲荷坂 円通寺坂
三分坂 牛鳴坂 九郎九坂 丹後坂 新坂 薬研坂
檜坂 乃木坂 弾正坂 鮫ケ橋坂 安鎮坂 榎坂
桜坂
港区
(麻布)
堀田坂 木下坂 南部坂 北条坂 大黒坂 一本松坂
暗闇坂 牛坂 霞坂 大横丁坂 笄坂 紺屋坂
鉄砲坂 七面坂
港区
(六本木)
けやき坂 芋洗坂 饂飩坂 閻魔坂 不動坂 丹波谷坂
寄席坂 なだれ坂 道源寺坂 スペイン坂 御組坂 市三坂
港区
魚籃坂 霊南坂 汐見坂 江戸見坂
新宿区 夏目坂 赤城坂 左内坂 中根坂 長延寺坂 出羽坂
鉄砲坂 戒行寺坂 闇坂 神楽坂 ゆ嶺坂 地蔵坂
瓢箪坂
千代田区 諏訪坂 紅梅坂 観音坂 雁木坂 錦華坂 甲賀坂
新坂 淡路坂 富士見坂 池田坂 幽霊坂 九段坂
文京区
(小石川)
堀坂 播磨坂 善光寺坂 富坂 三百坂 吹上坂
団平坂 六角坂
文京区
(本郷)
金魚坂 油坂 菊坂 梨木坂 鐙坂 お茶の水坂
壱岐坂 新壱岐坂 旧東富坂 胸突坂 金比羅坂 建部坂
見送り坂・見返り坂 無縁坂 新坂 炭団坂 新坂(外記坂) 忠弥坂
東富坂 富士見坂 本妙寺坂
文京区
(春日)
安藤坂 今井坂 金剛寺坂 牛坂 庚申坂
文京区
(湯島)
切通坂 清水坂 相生坂
文京区 切支丹坂 新坂 異人坂 蛙坂 弥生坂 石坂
暗闇坂 胸突坂 三丁目坂 七丁目坂 小篠坂 小布施坂new
目黒区 金毘羅坂 権之助坂
台東区 清水坂 紅葉坂 蛍坂 三浦坂 三崎坂 赤字坂
善光寺坂
荒川区 御殿坂 七面坂 間の坂 富士見坂
豊島区 富士見坂
横浜 見尻坂 ふぞく坂 アメリカ坂 ハロー坂 ワシン坂 不動坂
七曲り 馬坂 平坂
鎌倉 化粧坂 極楽寺切通 亀ヶ谷坂
東海
浜松 オルガン坂 灯籠坂 監物坂 切通坂
牛房坂 土管坂
北陸
金沢 暗がり坂 紺屋坂
近畿
京都 二寧坂 産寧坂 一念坂 茶わん坂 五条坂 清水坂
龍馬坂
神戸 オランダ坂 北野坂 湯本坂
中国
尾道 れんが坂 千光寺道
九州
長崎 オランダ坂
平戸 御部屋の坂 按針坂


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.