写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <松尾芭蕉の足跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

奥の細道 写真紀行
東京・採茶庵跡
山形・立石寺「五大堂」 大垣・奥の細道「むすびの地」
 松尾芭蕉が、弟子の河合曾良を伴って江戸の芭蕉庵を発ったのは元禄2年(1689)5月16日のことです。江戸から東北、北陸と旅し大垣をむすびの地としています。その間の紀行文が奥の細道です。平泉での『夏草や 兵どもが 夢のあと』、立石寺での『閑さや 岩にしみ入 蝉の声』 などの句は余りにも有名です。
 ここでは、松尾芭蕉の「奥の細道」にかかわる採茶庵跡・立石寺・塩竈神社・むすびの地などの光景を集めました。あわせて、蔦の細道も細道という関連で挿入してあります。
おくのほそ道> 序文
 月日は百代(はくたい)の過客(かかく)にして、行(ゆ)きかふ年もまた旅人なり。
 舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老(おい)をむかふるものは、日々旅にして旅を栖(すみか)とす。
 古人(こじん)も多く旅に死せるあり。
 よもいづれの年よりか、片雲(へんうん)の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年(こぞ)の秋江上(こうしょう)の破屋(はおく)にくもの古巣(ふるす)をはらひて、やや年も暮、春立てる霞(かすみ)の空に白河の関こえんと、そぞろ神(がみ)の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取るもの手につかず。
 ももひきの破れをつづり、笠の緒付けかえて、三里に灸(きゅう)すゆるより、松島の月まず心にかかりて、住める方(かた)は人に譲(ゆず)り、杉風(さんぷう)が別墅(べっしょ)に移るに、
  草の戸も 住替(すみかわる)る代(よ)ぞ ひなの家
 面八句(おもてはちく)を庵の柱にかけ置く。
東北
立石寺 塩竈神社 象潟
関東
深川芭蕉庵跡 採茶庵跡 関口芭蕉庵 殺生石 発句也松尾桃青宿の春
矢立の初
東海
松尾芭蕉生家 むすびの地
北陸
氣比神社new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.