写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <松尾芭蕉の足跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

立石寺 山寺   山形県山形市
立石寺・五大堂
立石寺 立石寺
「閑かさや岩にしみ入蝉の声」句碑 立石寺
 山形領に立石寺といふ山寺あり。慈覚大師の開基にして、殊に清閑の地なり。一見すべきよし、人々の勧むるによりて、尾花沢よりとつて返し、その間七里ばかりなり。日いまだ暮れず。麓の坊に宿借り置きて、山上の堂に登る。岩に巌を重ねて山とし、松栢年旧り、土石老いて苔滑らかに、岩上の院々扉を閉ぢて物の音聞こえず。岸を巡り、岩を這ひて、仏閣を拝し、佳景寂寞として心澄ゆくのみおぼゆ。(おくの細道)
 閑さや 巖にしみ入 蝉の声
 山寺は、正式には宝珠山立石寺といい天台宗の古刹で、貞観2年(860)に慈覚大師が清和天皇の命を受けて開山した。比叡山延暦寺の別院で、東北を代表する霊場として知られている。宝珠山全域を境内とし、岩の急斜面にへばりつくようにして諸堂が散在しており、1015段の石段を上った奥の院からの眺めは素晴らしい。元禄2年(1689年)松尾芭蕉が立ち寄り、「閑かさや岩にしみ入(いる)蝉の声」の句を残している。
 息を切らしながら登ってきたあと、五大堂での一休みは格別爽やかである。風の心地よさに身を委ね、眼下に見える家並みや列車の通り行く様を眺めていると、一句うかんでくる。日本の音風景100選に選ばれている。 
東北
立石寺 塩竈神社 象潟
関東
深川芭蕉庵跡 採茶庵跡 関口芭蕉庵 殺生石 発句也松尾桃青宿の春
矢立の初
東海
松尾芭蕉生家 むすびの地
北陸
氣比神社new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.