写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <街角の印象的な一こま、なつかしい景色などの写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

平和公園 平和祈念像   長崎県長崎市
平和公園
平和公園 平和公園
平和公園
平和祈念像建立のことば
 昭和二十年八月九日午前十一時二分、一発の原子爆弾が、この地上空でさく裂し、方五キロ一帯を廃きょと化し、死者七万三千余、傷者また七万六千余におよんだ。
 哀愁悲憤の思いは、今なお胸を裂くものがある。
 私ども生き残った市民は、被爆諸霊の冥福を祈り、かつ、この惨禍が再び地上に繰り返されることを防ぐために、自ら起って、世界恒久平和の使徒となることを決意し、その象徴として、この丘に、平和祈念像の建立を発願した。
 かくて、私たちは、平和祈念像建設奉賛会を組織し、内外の熱烈な協賛のもとに、昭和二十六年春、工を起してより、ここに四年、念願の像を完成し、除幕式を挙げた。
 この日、原爆十周年の日の前日である。
 私は三十万市民とともに、この平和祈念像が、万人に仰がれ、世界平和に大きな貢献をなすものと信ずる。
       昭和三十年八月
                  長崎市長 田川務
平和公園・平和の泉 平和公園・平和の泉
平和の泉
 昭和20年8月9日、原爆のために体内まで焼けただれた被爆者は「水を」「水を」とうめき叫びながら、死んでいった。
 その痛ましい霊に水を捧げて、めい福を祈り、 あわせて世界恒久平和を祈念するため、核兵器禁止世界平和建設国民会議と長崎市は、全国からの浄財を基として、ここに「平和の泉」を建設した。
 今日、ここを訪れてくださいましたあなたに、めい福を祈り、平和を祈念していただければ、誠に幸いと存じます。    
                       長崎市長
噴水池の直径 : 18メートル
噴水の高さ   : 0.5〜6メートル
 刻々と変化する水形は、平和のはとの羽ばたきを形どりツルの港といわれる長崎港のツルも象徴している。

  ………… 
  のどが乾いてたまりませんでした 
  水にはあぶらのようなものが 
    一面に浮いていました 
  どうしても水が欲しくて 
  とうとうあぶらの浮いたまま飲みました
 
  
       ―あの日のある少女の手記から

 山口幸子さん(被爆当時9歳)の被爆手記の一節。永井隆博士の「原子雲の下に生きて」(昭和24年(1949)出版)の中に掲載されている。
平和公園・長崎刑務所浦上刑務支所跡 平和公園・長崎刑務所浦上刑務支所跡
長崎刑務所浦上刑務支所
 長崎刑務所浦上刑務支所」は、松山町・岡町・橋口町の3か町にまたがる丘の上にあり、敷地約2万u、庁舎面積約1万3千uの爆心地にもっとも近い公共の建物であった。
 昭和20年(1945)8月9日、午前11時2分、一発のプルトニウム型原子爆弾のさく裂により、刑務所内にいた職員18名、官舎居住者35名、収容者81名(そのうち中国人32名、朝鮮人少なくても13名)計134名全員が即死した。周囲の高さ4m、幅0.25mの鉄筋コンクリート塀は、ほとんど根元から倒壊し、木造庁舎も炊事場の煙突1本を残して倒壊全焼した。
 平成4年(1992)、平和公園に地下駐車場を造る際に、地中から刑務支所の側溝や基礎部分等が現れた。おの一部を原爆遺構として残されている。
平和公園 平和公園
平和祈念像
 平和祈念像は、史上最大の惨禍によって瞬時に数多くの同胞市民を失い、筆舌につくし得ない悲惨苦に当面した長崎市民が、世界恒久平和の実現を広く世に訴えこの惨禍を再現せしめてはならないという切なる念願により、世界恒久平和のシンボルとして昭和30年(1955)8月の原爆10周年記念日に建立されたものである。
 平和祈念像は、国内はもとより、海外からも拠出された浄財によって、彫刻界の権威、北村西忘氏製作による全長約10mの青銅男神像であり、上方を指した右手は原爆の驚異を示し、水平に伸ばした左手は平けく安らけくと平和のすすめる姿であり、頑丈な体躯は絶者の神威を示し、柔和な顔は「神の愛」または「仏の慈悲」を表し、また軽く閉じた目は戦争犠牲者のめい福を祈っている姿である。
 なお、折り曲げた右足はめい想即ち静、立った左足は救済即ち動、何れも神仏の特性を表現したものであり本像はその規模において、またその思想において、この種の彫刻としては、世界にその類を見ない雄大な芸術作品である。 

大きな地図で見る
北海道
函館 函館の街角 トラピスチヌ修道院
札幌 サッポロファクトリー 札幌テレビ塔 札幌の街角
小樽 小樽運河 小樽の街角
アンパンマン
東北
八戸駅前 干した魚 雪の元旦 こけし館 秋田長屋酒場
ナマハゲ像
関東
東京 まちかど賞@ まちかど賞A 東京シティビュー 東京駅丸の内口
カフェ猫衛門 street painting 麻布十番 忠犬ハチ公
新宿歌舞伎町 広尾界隈 秋葉原歩行者天国 国会議事堂
東京タワー 渋谷スクランブル交差点 西郷隆盛銅像 国際フォーラム前
池之端児童遊園 旧初音町 ストリートパフォマンス 六本木交差点
アサヒビール 築地場外市場 両国 tokyobike
きびだんご売り
横浜 横浜スタジアム 動く歩道 横浜ポルタnew
鎌倉 極楽洞 鎌倉市街 玄関前線路
三浦 産直センター・うらり 駄菓子屋
江の島 江の島からの景観 たぬき
甲信越
長野 善光寺参道 長野駅前の時計
木地師の里のツバメ
東海
沼津 魚市場飲食店街 ギョ・魚
無くしてわかる トリックアート 焼津魚センター 濱納豆 ガンダム
ヤマハスタジアム タイヤランド 名古屋市街 願いのかなう鍵 岡崎の街角
看板
北陸
金沢市街 富山の薬売り 散居村 越前蟹の坊 若狭の魚介
近畿
京都 京都市街 くくり猿 解放運動戦士の碑 錦市場
池坊前 京都会館 川床料理 清水寺門前
上七軒 梅小路公園の塀 京都タワー 東福寺界隈
命が生きている 角庭 禁煙マーク 醒ヶ井水
近江八幡 玄米ポン菓子 古民具
大阪 大阪市焼却場 街頭パフォ−マ− 大阪ドーム 道頓堀
神戸 神戸市街 スカイマーク球場 異人館前 モザイク
奈良 奈良公園の鹿 ならまち
赤穂 赤穂の街角 床ヤ
宇治十帖 姫ちゃり 時の旅人 せいろミュージアム
中国
津和野 津和野カトリック教会 津和野遠景 鯉の米屋
魚をさばく 尾道市街 島根ワイナリー 人工地盤 吹屋郵便局
四国
ギリシャ風車 野良時計
九州
長崎 長崎市街 被爆50周年記念事業碑 街角点描 平和公園
鹿児島 同行二人 薩摩義士碑 若き薩摩の群像 時空の旅
知覧 天神屋台
全国
郵便ポスト@ 郵便ポストA


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.