写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <灯台を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

観音埼灯台 日本最初の洋式灯台   神奈川県横須賀市
観音埼灯台
観音埼灯台 観音埼灯台
観音埼灯台 観音埼灯台
 明治維新を2年後にひかえた慶応2年(1866)5月、幕府は、イギリス、フランス、アメリカ、オランダとの間に改税約定を結んだ。その第11条に灯明台を備えなければならないことがうたってある。また、各国が提出した灯明台箇所書には、相模国三浦郡三崎及び観音崎が示されてあった。
 幕府が倒れ、明治元年(1868)となったが、8月30日に灯台の建設が始められた。横須賀製鉄所首長であったフランス人技師、フランソワ・レオンズ・ヴェルニーが建設を担当することになった。横須賀製鉄所で作られたレンガと石灰を使い四角形白塗装の建物とフランス製レンズを備えた灯台が、12月29日に完成した。(起工は11月1日、この日が灯台記念日になっている)そして、翌明治2年(1869)1月1日に我が国最初の洋式灯台が光を発した。
 大正12年(1923)6月26日に先源として白熱電灯が用いられるまでは、菜種や落花生の油、パラフィン、石油などが燃料に用いられてきた。
 その初代灯台は、大正11年(1922)4月26日の地震により大亀裂を生じた。翌年3月5日に2代目の灯台が改築されたが、5ヶ月を経た9月1日の関東大震災で崩壊してしまった。現在の灯台は、大正14年(1925)6月1日に完成した3代目のものです。(コンクリート造) 
 位置  北緯 35度15分22秒、 東経139度44分43秒
 光り方  15秒毎に白光を2閃光(群閃白光)
 光の強さ  77,000カンデラ
 光達距離  19.0海里(約35q)
 高さ  地上から灯火まで 15m  水面上から灯火まで 約56m
 塗色構造  白色 塔形
灯ろう 霧信号吹鳴器
灯ろう> 
 灯台の頂部には、レンズ、電球があり、定められた光(灯質)を発光しているが、このレンズ、電球を風雨から守る部分を灯ろうという。
 この灯ろうは、平成2年(1990)11月まで神湊灯台(東京都八丈島神湊港)に使用されていたものです。中のレンズは、6等不動フレネルレンズです。
霧信号吹鳴器
 霧や雪により視界が不良になった場合に音を発して付近を航行する船舶に音の出る位置を知らせる施設を「霧信号所」という。
 この吹鳴器は、平成4年(1992)4月まで観音埼霧信号所に使用されたモーターサイレンで15秒毎に5秒間の音を発していた。
観音埼灯台からの眺望 観音埼灯台からの眺望
 昭和23年(1948)秋、高浜虚子が観音埼を訪れ、緑の岬角に屹然(きつぜん)と立つ、白亜の雄姿と灯台に勤める職員が困難とたたかう姿を詠まれていう。この年、海上保安庁が創設され、灯台80周年記念式典が挙行された年でもある。 
 高浜虚子  霧いかに 深くとも嵐 強くとも
北海道
襟裳岬灯台
東北
入道埼灯台 龍飛埼灯台
関東
犬吠埼灯台 野島埼灯台 観音埼灯台 品川燈台
東海
爪木崎灯台 御前埼灯台 伊良湖岬灯台 清水灯台 大王埼灯台
野間灯台 舞阪灯台 清水港三保防波堤灯台
中国
日御碕灯台 美保関灯台 小那沙美島燈台
四国
叶埼灯台 足摺岬灯台new
九州
白州灯台


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.