写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <国内線の旅の写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
城・城跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back
 建築・構造物
伝統的建築 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
 管理人
管理人備忘録 リンク集
 
出雲空港 島根県出雲市
出雲空港
出雲空港 出雲空港
出雲空港 出雲空港
出雲空港
 出雲市にある出雲大社が縁結びの神様であることから「出雲縁結び空港」の愛称がつけられている。宍道湖の西側に位置し、出雲大社にも近い。東京(羽田)、大阪(伊丹、神戸)、名古屋(小牧)との直行便がある。今回は、静岡空港から出雲空港へのフライトである。
 就航している航空会社は日本航空(JAL)とフジドリームエアラインズ(FDA)の2社である(2021年現在)
出雲空港・出雲阿国像 出雲空港;出雲阿国像
出雲阿国
 歌舞伎の創始者とされる出雲阿国は、出雲大社の鍛冶職中村三右衛門の娘で、出雲大社の巫女であったと言われている。阿国は出雲大社の本殿の修理費勧進のため、大人たちとともに諸国巡業の旅に出た。踊りが好きで、才能もあった阿国は、京都で念仏踊りを上演して人気を博し、出雲の阿国の名は都中に広まった。
 なお、阿国は当時かぶき者の代表的存在であった名古屋山三亡き後、自ら男装し、最先端のファッションでかぶき踊りをして、一世を風靡した。
 又、晩年は大社に帰り、尼となって智月と称し、連歌庵で蓮歌と読経三昧の生活を送り、静かな余生を過ごしたと言われている。
 今日、出雲大社から海岸へ続く道沿いには、連歌庵や阿国の墓、そして奉納山には、出雲阿国終焉地之碑、男装の阿国を描いたレリーフの於國塔が建ち、往事を偲ばせている。
出雲空港・平田一式飾 出雲空港・平田一式飾
平田一式飾> 
 一式飾は、その呼称が示すとおり、あらゆる生活用品のうち、自転車部品、陶器、茶器、仏具等々その一式を自由に使い分けて歌舞伎や映画、テレビ上の人物とか、船、動物など奇抜な構想、技巧を凝らして飾り競う、平田町独特の民族芸術です。
 一式飾はもともと神社に奉り、神をお慰めしようという素朴な信仰心から発生したもので、寛政5年(1793)平田寺町の住民で表具師であり、彫刻、俳諧もよくしたといわれる風流人桔梗屋十兵衛が、無病息災を祈って茶器一式で大黒天像(米俵に乗った大黒さま)を作り、天満宮の御神幸に奉納したのみ始まる。
 爾来、毎年7月20日から3日間、平田天満宮の夏祭りに町内競って一式飾を奉納し、欠くことのできない景物として今日まで継承されている。(出雲市無形民俗文化財)
出雲空港・須勢理比売
須勢理比売> 
 大国主命は黄泉(よみ)の国で美しい娘神、須勢理比売(すせりひめ)に出会い、好意をもつようになる。須佐之男命(すさのおのみこと)に「姫と結婚し、宇迦の山に宮殿を作ってそこに住むように」と言われ、これが出雲大社の創生につながるのです。
空港
北海道 新千歳空港 函館空港 旭川空港
東北 秋田空港@ 秋田空港A 大館能代空港 三沢空港
青森空港new
関東 成田国際空港 羽田空港
東海 中部国際空港 静岡空港 名古屋空港
中国 出雲空港
四国 松山空港
九州 福岡空港 長崎空港 鹿児島空港

空路
羽田〜旭川 旭川空港へ 羽田空港へ
羽田〜秋田 秋田空港へ 羽田空港へ
中部〜新千歳 新千歳空港へ 中部空港へ
中部〜函館 函館空港へ
中部〜秋田 秋田空港へ@ 秋田空港へA 中部空港へ@ 中部空港へA
中部〜成田 成田空港へ
中部〜松山 松山空港へ@ 松山空港へA 中部空港へ@ 中部空港へA
中部〜福岡 福岡空港へ
中部〜鹿児島 鹿児島空港へ
静岡〜出雲 出雲空港へ 静岡空港へ



「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2022 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.