花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・アーティチョーク
・プリンセチア
花 木
・紅梅
・カンツバキ
樹 木
・イヌマキ
・楷の木
実・五穀
・シダレクワ
・ハスの実
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・浜名湖ガーデンパーク
・披雲閣庭園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

アマリリス
アマリリス
アマリリス アマリリス
アマリリス アマリリス
 かってのアマリリスは花弁がユリのようになっていて、朱色に白いすじが入ったものが多かったが、現在は丸弁で、巨大輪が目立つ。花の色は、白、赤、ピンク、緑にライム系と様々あり、八重咲きや、葉の中心線に白い筋のはいるものもある。他の花も同様だが、品種改良が進みこれもアマリリスかと思ってしまうほど多種多様である。
一重のアマリリス
 イギリスで誕生した巨大輪丸弁アマリリスの流れをくむグループで、一般に広く流通しているのはこのタイプです。オランダで最も多くの品種が作出されている。まっすぐに立ち上がった太い茎の頂点に数個の花を散形につける。
八重のアマリリス
 雄しべや雌しべが弁化したグループで、多くの品種は一重咲きと同様に花は大きく、全体として豪華な印象になる。このタイプの品種育成には日本人育種家の三宅氏や小森氏が世界に先駆けており、中でも三宅氏の育成品種は国内外で広く流通している。
 横山白虹  原爆の 地に直立の アマリリス
地図
浜名湖花博 2004
アリウム アマリリス オトメユリ アスター アサガオ
アルバ アイスランドポピー アネモネ アグロステンマ 青いバラ
イポメア エビネ エランテムム エピデンドラム オダマキ
オミナエシ
カンナ ガーベラ ガマノホ キキョウ キンギョソウ
キングプロテア キバナコスモス クレマチス クレオメ クルクマ
クルメケイトウ 黒ダリア グンバイヒルガオ グレビレア グンネラ
グラジオラス・レイラ コリダリス コルチカム カッシア
サワギキョウ サルビア・コツキネア サルビア・ウリギノサ サンジャクバーベナ シャクヤク
シクラメン シラタマホシクサ 食虫植物 食用カンナ ジニア
ジャーマンアイリス
タチアオイ 多肉植物 ダリア チューリップ デルフィニウム
デージー トルコギキョウ トレニア トサカケイトウ トリトマ
ナデシコ ニューサイラン ネモフィラ ネコノヒゲ 熱帯スイレン
ノゲイトウ
ハツユキソウ ハマユウ ハナスベリヒユ ハス ハイブリッドユリ
花菖蒲 パンジー パンパスグラス パラグァイオニバス ヒメシャガ・シャガ
ヒマラヤユキノシタ ヒマ ブッドレア ペチュニア ペンタス
ペニセツム・セタケウム ホテイアオイ ポピー ボタンクサギ ヘディキウム
マンデヴィラ ミズカンナnew ミヤコワスレ ミソハギ モッコウバラ
モモイロタンポポ
ヤブラン ヤナギトウワタ ヤリゲイトウ ユーフォルビア・ラクティ ユウゼンギク
ラン ランタナ リナリア リューコスペルマム ルピナス
ロベリア

花博会場
いろどり運河 さざなみ橋 やすらぎ橋 しおみ橋 パレード
モネの池 国際庭園 正面ゲート前 竹アーチ 富士山
トピアリー 花博の夏 花博の秋 いろどりクルーズ 花博キャラクター
竹のオブジェ 花博最終日


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2019 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.