花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・アーティチョーク
・プリンセチア
花 木
・紅梅
・カンツバキ
樹 木
・イヌマキ
・楷の木
実・五穀
・シダレクワ
・ハスの実
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・浜名湖ガーデンパーク
・披雲閣庭園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

パンジー
パンジー
パンジー パンジー
 現在のパンジー・ビオラの成立には、5種の自生種が関与しているといわれている。
 1813年、イギリスの園芸家トムソンが、ヨーロッパに分布するトリコロル種とルテア種を交配したことパンジーの始まりとされている。
 シベリア地方に分布するアルタイカ種もイギリスに渡って交配に用いられるようになり、1835年には既に400もの品種が存在していたようです。その後、中央ヨーロッパに分布するカルカラタ種もパンジーの成立に関与したと考えられている。トムシンはショーパンジーと呼ばれる展示会用品種を作り出し、一世を風靡(ふうび)した。
 1867年には、スコットランドの種苗商グリーヴが、ピレネー山脈に自生するコルヌタ種の園芸品種に、ショーパンジーやその他の種をかけ合わせ、ビオラと呼ばれる園芸品種群を作り出した。
 パンジー、ビオラと共に、ヨーロッパの自生種を基にして作り出されているため、冷涼な気候を好み、高温多湿な環境には適していない。日本では夏越しが難しいため秋播き一年草として扱われているが、夏期冷涼な地方では数年間は生育することができる。
 また本来は春咲きの性質を持っているが、1960年代になると、日長に関係なく、また低温を経験しなくても開花する性質を持った品種が作出され、現在では秋から春まで長く楽しめる花になった。 
 軽部鳥頭子  鉢に乱れし 三色菫(すみれ) 地にかへす
地図
浜名湖花博 2004
アリウム アマリリス オトメユリ アスター アサガオ
アルバ アイスランドポピー アネモネ アグロステンマ 青いバラ
イポメア エビネ エランテムム エピデンドラム オダマキ
オミナエシ
カンナ ガーベラ ガマノホ キキョウ キンギョソウ
キングプロテア キバナコスモス クレマチス クレオメ クルクマ
クルメケイトウ 黒ダリア グンバイヒルガオ グレビレア グンネラ
グラジオラス・レイラ コリダリス コルチカム カッシア
サワギキョウ サルビア・コツキネア サルビア・ウリギノサ サンジャクバーベナ シャクヤク
シクラメン シラタマホシクサ 食虫植物 食用カンナ ジニア
ジャーマンアイリス
タチアオイ 多肉植物 ダリア チューリップ デルフィニウム
デージー トルコギキョウ トレニア トサカケイトウ トリトマ
ナデシコ ニューサイラン ネモフィラ ネコノヒゲ 熱帯スイレン
ノゲイトウ
ハツユキソウ ハマユウ ハナスベリヒユ ハス ハイブリッドユリ
花菖蒲 パンジー パンパスグラス パラグァイオニバス ヒメシャガ・シャガ
ヒマラヤユキノシタ ヒマ ブッドレア ペチュニア ペンタス
ペニセツム・セタケウム ホテイアオイ ポピー ボタンクサギ ヘディキウム
マンデヴィラ ミズカンナnew ミヤコワスレ ミソハギ モッコウバラ
モモイロタンポポ
ヤブラン ヤナギトウワタ ヤリゲイトウ ユーフォルビア・ラクティ ユウゼンギク
ラン ランタナ リナリア リューコスペルマム ルピナス
ロベリア

花博会場
いろどり運河 さざなみ橋 やすらぎ橋 しおみ橋 パレード
モネの池 国際庭園 正面ゲート前 竹アーチ 富士山
トピアリー 花博の夏 花博の秋 いろどりクルーズ 花博キャラクター
竹のオブジェ 花博最終日


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2019 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.