写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <伝統産業や地場産業を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

月桂冠 月桂冠大蔵記念館   京都市伏見区
月桂冠
 酒どころ伏見を象徴する景観として多くの人達が訪れるこの一帯は、「重要界わい景観整備地域」に指定され、また「京都百景」のひとつとして親しまれている。
 月桂冠は寛永14年(1637)、この地で「笠置屋」酒銘「玉の泉」として創業した。以来、伏見城外堀に面した大蔵家本宅や酒蔵、旧本店など、江戸後期から今日に至る建物が歴代当主によって築かれ、今日に伝わっている。
 酒の博物館「月桂冠大蔵記念館」は、かつての酒蔵を活用し、昭和57年(1982)に開館した。酒造り唄の流れる館内には「京都市指定・有形文化財」の酒造り用具をはじめ、明治期のびん詰め商品やなつかしいポスター、写真等を展示している。(きき酒有り)
月桂冠・「米洗い・水漬け」 月桂冠・米蒸し
<左画像>
 水を汲み、米を洗い、水に漬ける、桶を洗うといった作業に関する用具類。
<右画像>
 米を蒸す際に使う用具類。
月桂冠・麹づくり 月桂冠・敷布
麹づくり
 麹(こうじ)をつくる部屋を「麹室」という。この「麹室」の床に約32℃に冷ました蒸米を運び込み、麹菌の胞子を散布し、手で十分に床揉みをして積み上げる。15時間後、固まった米を再び手で揉みほぐし(切り返し)、麹菌の繁殖をすすめ、それから3時間後、麹蓋に約1.5sずつ盛り分け、それを棚に6枚ずつ積み重ねる。その後、2〜3時間おきに仲仕事、積み替え、仕舞仕事、積み替え、と手を加え、約40時間で麹ができあがる。
敷布
 竹簀(たけす)の上に筵(むしろ)をひき、その上に敷く。飯試(めしため)で運ばれてきた熱い蒸米を適温まで冷ます。(右画像)
月桂冠・醪桶 月桂冠・醪仕込み
醪仕込み
 醪(もろみ)を圧搾、ろ過して、新酒と板粕(いたがす)に分ける。醗酵(はっこう)が終わった醪を酒袋に分けて入れ、袋の口を折りたたんで酒槽(さかぶね)の中に積み上げる。醪を全部酒袋に入れ終わると、その上に押蓋をのせ、さらに盤木(ばんぎ)を置き、ハネ棒の先に石を少しずちう吊し、ゆっくりと醪を搾る。このとき最初に出てくる白濁した酒を「荒(新)走り」(あらばしり)という。
月桂冠・酒銘「玉泉」 月桂冠・純粋清酒月桂冠
酒銘 玉泉の由来
 約380年前、三代将軍徳川家光時代に、大倉家が酒造業を始めた最初の酒銘。玉は命の美称で、「酒は命の泉なり」の理念と酒造りへの心意気を伝えている。桃の絵は桃太郎伝説から、生命の根源、生み出す力を象徴している。〜寛永14年(1637)〜 
月桂冠・さかみず 月桂冠
さかみず
 この一帯は寛永14年(1637)創業の月桂冠発祥の地です。今もこんこんと湧き出る「さかみず」は酒造りの命の水です。この井戸は昭和36年(1961)に新しく掘り直したもので、地下約50mからの水は、隣接する酒蔵で使われている。
 その清らかに澄んだ水はきめ細かくまろやかな酒質を生み出す源になっている。「さかみず」という名は「栄え水」とともに古くは酒の異名でもあった。 
月桂冠
 寛永14年(1637)、初代・大倉治右衛門が京都府南部の笠置(かさぎ・現在の相楽郡笠置町)から、城下町であり、宿場町、港町としてにぎわう伏見に出て来て創業。
 屋号を「笠置屋」、酒銘を「玉の泉」と称した。創業から250年ほどは、主に地元の人たち、旅人相手に商う小さな酒屋であった。
北海道
魚の干物 ふらのワイン 余市蒸留所 軽種馬生産
東北
魚の干物 マメコバチ 南部鉄瓶 肘折こけし
関東
佃煮 江戸下町伝統工芸 江戸川伝統工芸 金魚new
甲信越
わさび栽培 ろくろ細工 漬物
東海
浜名湖 アサリ漁 角立て網 しらすの天日干し かきの養殖
海苔の養殖 海苔工場
マーガレット栽培 小原和紙 魚の干物 次郎柿 川根茶
常滑焼 ぎんなん 天然にがり 天草(テングサ) 牧ノ原大茶園
わさび栽培 シラス干し 八丁味噌 注染染め
北陸
越前ガニ
近畿
醤油 八幡瓦 京たたみ@ 京たたみA 提灯製造
赤穂の塩 七味唐がらし 月桂冠
中国
デベラ
四国
ひしお(醤) 木蝋 土佐サンゴ さば節
九州
姫だるま 湯ノ花 伊万里焼 桜島大根
各地
和ろうそく


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.