写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <港を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

御前崎港 多目的港   静岡県御前崎市
御前崎港
御前崎港 御前崎港
御前崎港 御前崎港
海の東海道「御前崎」
 御前崎は、静岡県の最南端の岬に位置している。
 徳川三代将軍家光の時代、経済の発展につれ江戸と大阪を往来する菱垣廻船(ひがきかいせん)や樽廻船(たるかいせん)が急増し、岬沖の岩礁で座礁、漂着する難破船も多く、昔から航海の難所だった。
 このため、幕府は、寛永12年(1635)、灯台の元祖とも言えるあんどん型の「見尾火灯明堂」を建設したが、強風・高波の時にほとんど役に立たず、230年もの間、難破船があとを絶たなかったという。
 明治時代にになって、カンテラ灯台が建設され(1871)、その1年後には、現在の西洋式灯台の建設が始まった。英国人リチャード・ブラントン氏が設計、監督した灯台は美しく、百余年の間、烈風や戦争の銃弾、地震等の被害にも屈せず、また、海難事故をなくそうと御前暗礁上に建てられた「御前岩灯標」(沖灯台)とともに海の安全を見守っている。
 現在、駿河湾の湾口に位置した御前崎港は、季節風に対して静穏な水面を有するため、古くから船舶の避難場所として利用されており、昭和23年(1948)に修築事業に着手以来、地方港湾、国際貿易港、重要港湾の指定を受け、県中西部の物流拠点としての位置づけのもとに多機能性を持った港湾整備が進められている。
北海道
小樽港 函館港
東北
秋田港
関東
竹芝桟橋 横浜港 大さん橋埠頭 久里浜港 東京港
東海
三河港 伊良湖港 下田港 四日市港 清水港
鳥羽港 御前崎港
近畿
大阪港 彦根港 尼崎港 長浜港 長命寺港
中国
尾道港 下関国際ターミナル
四国
丸亀港new 本島港
九州
長崎港 平戸港 多比良港


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.