写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <港を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

東京港 国際コンテナ港   東京都江東区
東京港・東京みなと館より
東京港上空を飛ぶ航空機 東京港
東京港の特長
 東京港は人口4,000万をこえる首都圏を背後に擁し、国内外各地との定期航路の開設、背後の道路網の整備など、海陸の結節点として広域的輸送ターミナルの役割を果たすのに理想的な条件を有している。貨物取り扱いの動向を見ると入貨(輸入、移入)が6割強を占め、輸入では食料品など、消費生活に直結する品物が大量に扱われていることが特長である。
 また、消費地に直結していることなどから、コンテナで運ばれる貨物の割合が圧倒的に多く、外貨貨物に占めるコンテナの割合は9割を超えている。
東京港への入港船舶
 東京港では、高度経済成長期以後、船舶の入港が急増し、昭和48年(1973)、入港総隻数はピークの年間81,689隻に達した。その後、入港総隻数は減少しているが、これは船舶の大型化が進んだためである。
 特に、入港船舶総トン数の半数を占める外航コンテナ船は、6,000(個積み)TEUを越える船が入港するなど、大型化の傾向が著しく、これに備えた港湾の整備が急務となっている。
東京港の物流
 東京港は、コンテナリゼーションにいち早く対応し、昭和42年(1967)、我が国初めてのコンテナ埠頭を品川に完成させた。その後、大井・青海にコンテナ埠頭を建設し、コンテナが外国貿易貨物の大半を占めるようになり、国際貿易港として大きく躍進することになった。
 内貿港としてスタートした東京港も、今では外国貨物が内貿貨物を上回るほどとなり、特に外貿コンテナ貨物の取扱量は日本一を誇るなど、我が国最大の国際コンテナポートに成長している。
国内物流港としての東京港
 東京港には、北海道・東北。伊豆七島・小笠原諸島・近畿・中国・四国・九州・沖縄との貨物船・客船の定期航路が設けられている。
 また、北海道・四国・九州とはフェリー航路で結ばれており、その他の国内各地とは不定期船の運航が盛んに行われ、内海海運の一大拠点となっている。
東京港 東京港
 東京港の上空を盛んに航空機が飛び交う。海と空の物流幹線を実感する。
東京港の埋め立て
 東京港は遠浅のため古くから埋め立てが行われており、現在の日比谷・日本橋界隈は江戸時代の初期に埋め立てられた。
 明治時代末期から本格化した埋立地の造成は、内陸部に面した水域から順次沖合に展開し、平成13年(2001)までに中央・港・品川の3区を合わせた面積に匹敵する約5,569万uの埋立地が造成され、港湾施設や都市問題の解決及び都民の憩いの場となっている。東京港は、17世紀初頭から今日に至るまで、埋立地の造成によって成り立っている。
東京港 東京港
東京港 東京港
 お台場側から東京湾を見る。撮った時間帯が異なるので、海の色合いが大きく異なる。まるで血液が流れているように船が行き交い、産業の大動脈を実感する。 
北海道
小樽港 函館港
東北
秋田港
関東
竹芝桟橋 横浜港 大さん橋埠頭 久里浜港 東京港
東海
三河港 伊良湖港 下田港 四日市港 清水港
鳥羽港 御前崎港
近畿
大阪港 彦根港 尼崎港 長浜港 長命寺港
中国
尾道港 下関国際ターミナル
四国
丸亀港new 本島港
九州
長崎港 平戸港 多比良港


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.