写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <教会建築を巡る写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
城・城跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back
 建築・構造物
伝統的建築 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
 管理人
管理人備忘録 リンク集
東京カテドラル聖マリア大聖堂 関口教会 東京都文京区
東京カテドラル聖マリア大聖堂
東京カテドラル聖マリア大聖堂 東京カテドラル聖マリア大聖堂・鐘塔
東京カテドラル聖マリア大聖堂
 明治32年(1899)に、聖母仏語学校『?瑰塾』(まいかいじゅく)の付属聖堂として建てられ、明治33年(1900)に関口小教区の聖堂となり、やがて大正9年(1920)に東京大司教座聖堂となった。
 当時は木造ゴシック式の聖堂で、信者席には畳が敷かれており、履物を脱いでから聖堂に入ることになっていた。その後、昭和になって、中央信者席に椅子が設けられるようになった。
 また、明治44年(1911)にはルルドの洞窟がフランス人宣教師ドマンジエル神父により建てられた。
 昭和20年(1945)の第二次世界大戦の東京大空襲によって焼失したが、ドイツのケルン教区の支援によって再建設が決定し、故丹下健三氏の設計により、昭和38年(1963)4月に起工、昭和39年(1964)12月8日落成、献堂式が行われた。
 意匠  丹下健三 都市建築設計研究所  構造  東京大学 坪井研究室
 音響  東京大学 石井研究室   施工  大成建設株式会社
 構造  鉄筋コンクリート造HPシェル(双曲抛物面)
 高さ  大聖堂最高部 39.41m   鐘塔  61.68m
 長さ  55.5m  幅  40.7m
 床面積  3649.9u
 地階  1005.5u  1階  2541.4u
 中2階  71u  中3階  32u
 工期  昭和38年(1963)4月〜昭和39(1964)年12月
 仕上  外装ステンレス・スチール及びアルミサッシ
 8面の双曲抛物面を垂直に近く立てた構造は、一大十字架形を形づくっている。外装のステンレス張りの輝きは、社会や、人の心の暗闇を照らすキリストの光を思わせるものです。
 プレキャスト石張りの周壁は、「主はわが岩、わが城、わたしを救うもの」(詩篇18・3)と聖書にあるように、神がすべての人のほんとうの心のよりどころであることを示すものです。大きく手をひろげたようなそのさまは、「すべて労苦して、重荷を負っているいる人たちよ、わたしのもとに来なさい」(マタイ11・28)と招いているかのようです。
東京カテドラル聖マリア大聖堂・鐘塔 東京カテドラル聖マリア大聖堂・鐘塔
鐘塔
 4つの鐘は、ドイツから輸入されたものだが、制作者は日本各地の鐘の音を研究し、苦心して日本的な音色を出すようにつとめた。鐘の音は、神に向かって祈るように語りかけ、人々をここへ招き寄せる。 
東京カテドラル聖マリア大聖堂・ジョセフィーヌの鐘 東京カテドラル聖マリア大聖堂・ジョセフィーヌの鐘
ジョセフィーヌの鐘
 キリスト教が解禁されて間もない1877年、築地に聖堂が完成し、2ちの鐘がフランスから海を渡って運ばれてきた。そのひとつがこの鐘です。「日本近代法の父」と呼ばれるギュスターブ・ボアソナード氏とアンリエット婦人により寄贈され、「アドレード・ジョセフィーヌ」と名付けられた。
 2つの鐘は築地教会で二重奏を奏でていたが、ジョセフィーヌは大正9年(1920)の東京大司教座の移転とあわせ関口教会に移された。
 第二次世界大戦中、金属として供出されそうになったが、明治憲法記念会からの申し入れにより免れたと言われている。その後も戦災を乗り越え時を告げてきたが、昭和39年(1964)の現大聖堂の献堂により役目を終えた。
 もう1つの鐘である「江戸のジャンヌ・ルイーズ」もまた築地教会に保管されている。
ジョセフィーヌの鐘の歴史
 1873年  日本でキリスト教が解禁される
 1877年  ボアソナード夫妻により築地教会に寄贈される
 1920年  築地教会から関口教会に移される
 第二次世界中  金属として供出されそうになるところを、明治憲法記念会からの強い申し入れにより免れる
 1945年  空襲によりひびが入る
 1957年  信者の協力により原型どおりに改鋳される
 1964年  東京カテドラル大聖堂の献堂により役目を終える
 1964〜1994  ルルド横の鐘桜に設置される
 2017年  献堂50年記念事業として新たな吊台に設置される
東京カテドラル聖マリア大聖堂・ルルドの洞窟 東京カテドラル聖マリア大聖堂・ルルドの洞窟
ルルドの洞窟
 ルルドはフランスの西南、ピレネー山脈の奥地にある町です。今から凡そそ120年前(1858)キリストの御聖母マリアが、町はずれの洞窟で、ベルナデツタ という少女にお現われになつて、世界の人々の改心のため、また平和のために祈るようにおすすめになった。そして、そのあかしとして、霊泉がわき出で、その水を飲み或はそれに浸つた人たちのうちに、不治の病が完全になおるという奇跡が行われ、今日もなお続いている。
 教会は厳正な科学的調査の末、1862年その事実を認め、そこに教会を建てて人々の参詣をゆるした。現今の巡礼期には全世界から一日に7万ないし30万人の参詣者が集まるということです。この洞窟は実物と全く同じ大きさで、明治44年(1911)仏人宣教師ドマンジエル神父が建てたものです。
東京カテドラル聖マリア大聖堂・受けとめるヨゼフ 東京カテドラル聖マリア大聖堂・受けとめるヨゼフ
 受けとめるヨゼフ
カテドラル
 カトリック教会には、教会の行政や指導のための地域的区分があり、これを「教区」と呼ぶ。日本には16の教区があるが、それぞれの責任者である司教(大司教)が儀式の際に着座する椅子をギリシャ語で「カテドラ」という。
 伝統的に司教の紋章がついた赤い椅子で、この司教座のある教会を「カテドラル(司教座聖堂)」という。
 関口教会は、いわば教区の中心的な教会です。教区全体の行事、集会もここで行われている。(説明文は同教会の案内文を引用)
北海道
函館 カトリック元町教会 ハリストス正教会 トラピスチヌ修道院 トラピスト修道院
関東
ニコライ堂 横浜天主堂跡 カトリック関口教会new
東海
多治見神言修道院 中津川教会 豊橋ハリストス正教会
近畿
京都 聖ザビエル天主堂 聖ヨハネ教会堂 御幸町教会 聖アグネス教会
中国
津和野カトリック教会
九州
長崎 大浦天主堂 浦上天主堂
大明寺聖パウロ教会堂 紐差教会



「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2022 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.