写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <自動車の写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
城・城跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back
 建築・構造物
伝統的建築 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
 管理人
管理人備忘録 リンク集
ホンダ 1300
ホンダ 1300
ホンダ 1300 ホンダ 1300
ホンダ 1300
 独創的なDDAC(デュオ・ダイナ・エア・クーリング):一体式二重空冷エンジンを搭載。強制空冷と走行空気圧の二重空冷で空冷F1技術を導入する。FF、四輪独立懸架などを採用した、ホンダ初のファミリーセダン。昭和44年(1969)
エンジン 空冷4サイクル 直列4気筒横置 OHC 1298cc
最高出力 115PS/7,500rpm
重量 895s
ホンダ 1300のエンジン ホンダ 1300のエンジン
 ホンダ初の本格小型乗用車Honda1300。「水冷も最後には水を空気で冷やす、だからエンジンは空冷が原則だ」「空冷の唯一の弱点は音がうるさいことだ、ならばその音をとってしまおうじゃないか」という、創業者の本田宗一郎の発想から生まれた「DDAC(一体式二重空冷)エンジン」を搭載。ノイズを遮断するためシリンダーの壁を二重に設け、壁の外側は走行風で、壁と壁との間にはファンで強制的に空気を送り「二重に冷却」するその前代未聞の方式は、人々に大きな驚きを与えた。
 また、乗り手の意思通りに走り、かつ安全に止まれる「積極安全思想」のもと、足回りも工夫。9インチの大径ディスクブレーキや、グリップ力の高い超扁平タイヤ、さらにリアサスペンションには車幅いっぱいを使って後輪の車軸をスイングさせる独創の「クロスビーム方式」を採用するなど、高速時代を先駆ける革新的な仕様としていた。
 空冷V型8気筒3000ccの「RA302」でF1にも挑むほど、宗一郎の空冷へのこだわりは強く、まさに執念の塊であったHonda1300。
 しかし、数々の新アイデアにも関わらずエンジンの温度上昇をコントロールすることができず、様々な課題を露呈。期待した販売台数は得られず、商業的には成功とはならなかった。
自動車
ホンダ 1300 CRーX アスコット イノーバ インサイト
インスパイア クイント インテグラ インテグラ タイプR プレリュード
レジェンド
シビック シビック CVCC シビック CX シビック シャトル シビック タイプR
アコード アコード CVCC アコード クーペ
シティ シティ シティ カブリオレ
ホンダ(軽) N360 トゥデイ ライフ
ホンダ(スポーツ) S500 S600クーペ S800 NSX−R
BEAT S2000 S660new
ホンダ(商用) L700 P800 ライフ ピックアップ
ホンダ(軽トラ) T360 TN360 バモスホンダ
その他 CVCCエンジン



「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2022 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.