写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <冬の風景写真


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

金沢城 加賀百万石   石川県金沢市
金沢城
金沢城 金沢城
金沢城 金沢城
金沢城
 中世末期に一向一揆の拠点として金沢御堂がこの地に置かれ、天正8年(1580)に佐久間盛政が入城し、金沢城の造営が始まった。
 その後、天正11年(1583)前田利家が入城し、本格的な近世城郭へと姿を整えていった。文禄元年(1592)の石垣普請、元和7年(1621)の本丸の拡張などを経て、寛永の大火後(1631年以後)現在の金沢城に近い姿になった。
 現在天守閣はないが、慶長7年(1602)の落雷によって焼失するまで本丸にそびえていた。焼失後、天守閣の代わりに三階櫓(やぐら)が建てられ、宝暦9年(1759)の火災まで城のシンボルとなっていた。二の丸には寛永の大火後、二の丸御殿が造られ、藩主の御殿および藩庁としての藩政の中心にあった。三の丸には鉄砲所、新丸には作事所・細工所などの施設があった。 
金沢城 金沢城
 櫓の数は多い時は20棟を数えたといわれ、鉛瓦や海鼠(なまこ)塀が貼られた石川門や三十間長屋など、金沢城独自の偉容を誇ったと伝えられている。
 明治4年(1871)廃藩置県で明治政府のの所轄となって旧陸軍の拠点となり、昭和24年(1949)からは金沢大学のキャンパスになった。その後、大学の移転により平成8年(1996)に石川県が取得し、金沢城公園として整備を実施している。
北海道
小樽 雪だるま 小樽運河
天人峡 スノーシェルター アイスキャンドル 然別湖 大雪山・旭岳
氷瀑まつり 美瑛
東北
青森 青森駅 青森ベイブリッジ 八甲田丸 青森駅前通り
盛岡 開運橋 盛岡駅前 盛岡城跡 北上川
秋田 旭川 秋田駅 竿燈大通り 久保田城跡
赤れんが郷土館 仲小路 八幡秋田神社
角館 角館駅 武家屋敷
八戸駅前
関東
元旦の飾り 冬桜
東海
高山 古い町並み 高山陣屋 旧高山町役場
白川郷 白川郷への道 飛越合掌ライン 白川郷 雪だるま
雪墓石
野水仙の群落 富士山
北陸
金沢 兼六園 金沢城 浅野川
南砺 城端駅 五箇山への道 菅沼合掌集落 相倉合掌集落
散居村
宇奈月からの山
近畿
詩仙堂 水尾new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.