写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <山、高原、峠などを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

 
富士山 日本の象徴   静岡県・山梨県
富士山
富士山 富士山
富士山 富士山
 富士山は活火山であり、標高3776mは日本最高峰である。古文献では「不二」とも書く。 かつては山頂に気象観測の測候所があったが、廃止された。現在は、レーダーを使っての無人観測も廃止されている。気象衛星が進歩したからだろうか。
 写真上段と中段左は、御殿場市の自衛隊演習場付近から見た11月の富士山。中段右は伊豆の国市から眺めた3月の富士山、下段は富士市から眺めた12月の富士山である。(以下青木ヶ原樹海まではY・Tさんより)
富士山とこいのぼり
 富士山の写真によく登場する1シーンである。国道139号から眺めたところである。風を受けたこいのぼりが泳ぐ背景に雄大な富士の偉容が迫る。
 林立するこいのぼりが、遠い時代の鷹狩りか、合戦の旗のような錯覚を覚えてしまう。鷹狩りにはこんな旗など立てないので、このようなことなどあり得ないことだが。そんなロマンを想起させてくれる1シーンである。
山梨・忍野八海
山梨・忍野八海 静岡・富士
山梨・山中湖 山梨・山中湖
 富士山はどこから撮っても絵になる。晴れても曇っても、朝でも夕闇迫る時でも、それぞれの詩情が漂う。古来、人を惹きつける山ということが分かる。江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎は、「富嶽三十六景」「神奈川沖浪裏」などでそのすばらしさを残している。
 現在、富士の美しさを称え、世界自然遺産に登録しようという運動がある。
 山部赤人   田子の浦ゆ うちいでてみれば 真白にぞ ふじの高嶺に 雪は降りける
青木ヶ原樹海
 青木ヶ原樹海。幻想的な風景。迷う込むと出口が分からなくなると言われている。
山梨・野党の森公園 山梨・野党の森公園
山梨・野党の森公園 山梨・野党の森公園
 西湖の西側にある青木ヶ原樹海に囲まれた野鳥の森公園より眺める富士山。 
富士山
富士山 富士山
 国道139号からの富士山。(T・Hさんより)  
富士山
富士山
 静岡市・日本平から駿河湾越しの富士山を望む。1月初めの景観。  
北海道
羅臼岳 羊蹄山 大雪山・黒岳 層雲峡 大雪山・旭岳
登別・地獄谷 昭和新山 函館山 天人峡
東北
磐梯山 中津川渓谷 安達太良山 涼風峠 岩手山
八甲田山 鳴子峡 鳥海山 仁賀保高原 岩木山
関東
茶臼岳 戦場ヶ原 筑波山 一の倉沢 大湧谷
塔ノ沢
甲信越
風穴 富士風穴 富岳風穴
治部坂高原 もみじ平 富士見高原 しらびそ高原 車山高原
忍野富士 平谷峠 兵越峠 駒ヶ岳ロープウェイ 千畳敷カール
高ボッチ高原 高ボッチ山 鉢伏山 小谷
東海
富士山 帆掛山 青崩峠 茶臼山高原 御在所岳
天城路 蔵王山 霧山 さった峠 宇津ノ谷峠
分水嶺 賤機山 乗鞍岳 竜ヶ岩洞new
北陸
白山
近畿
天保山 吉田山 大文字山 船岡山 天王山
香具山 耳成山 八幡山 須磨アルプス
中国
大山 秋吉台 秋芳洞
四国
寒霞渓 祖谷渓 祖谷峡の小便小僧 京柱峠
九州
由布岳 硫黄谷 阿蘇山 開聞岳 高千穂峡
国見ヶ丘 御岳(桜島) 稲佐山 城山


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.