写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <横丁や小路を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

寺道 参詣道   静岡県湖西市
寺道
 江戸時代に設置された新居関所の西側、山裾に並ぶ寺院、神社を巡るように続いている狭い通りが寺道です。
 新居関所は今切の関所とも言い、慶長5年の秋、徳川家康が新居の元屋敷に創設したが、その後津波のため元禄14年中屋敷に、宝永5年現在の所に移転している。寺道は、宝永年間の災害で新居宿が流された際、寺と神社を山側に移動させて作られた。この寺道は、旧東海道に沿って続き、緑豊かで静かな情緒ある小路です。
新福寺 新福寺
新福寺>(瑞龍山 新福寺)
 新福寺は往古天台宗の寺で、真達公の開創と伝えられている。
 天正元年(1573)直傳龍察和尚がこの地に至り、曹洞宗に改め、草創開山となった。慶長元年(1596)三ヶ日金剛寺吉山宗豚和尚を請待して開山と仰ぎ、慶長18年(1613)浜名湖周辺を支配していた初代代官彦坂文右衛門英信により、諸堂の改修が行われた。
 宝永4年(1707)の大地震で諸堂の全てが壊滅したが、翌年寺を現在地に移転再興した。山門の両側には、百観音(石仏)が安置され、墓地上段には、彦坂文右衛門英信の墓がある。
隣海院 隣海院
隣海院>(新居山 隣海院)
 永享8年(1436)真達将公和尚が日ケ崎村に隣海庵を開創し、慶安元年(1648)曹洞宗に改宗するとともに進外能迪和尚を迎え、日ケ崎山隣海院となる。
 宝永4年(1707)大地震の大津波により諸堂が流出、翌年当地に移転、日ケ崎山を新居山と改める。
 文化7年(1810)の大火災により諸堂が消失したため、各所の修理、改築を行った。山門は火災を免れ、最も古い建物として残り「ジキジキ像」が祭られている。位牌堂には山岡鉄舟の額、鐘楼堂東には歌碑、観音堂には三十三観音像がある。
本果寺 本果寺
本果寺>(正興山 本果寺)
 もとは真言宗の寺であったが、元中7年(1390)本興寺の末寺となり、法華宗に改宗した。 
 宝永4年(1707)の大地震の大津波により大破、惣町移転となり、翌年現在の地に移転した。徳川家康をはじめ代々の将軍より朱印を賜り、有栖川宮祈願所を拝命し、位牌を安置。松山新田の開拓者野口休可の墓や無縁供養のめぐみ観音を祀る。
 俳匠大野林火の句碑があり、「お経に化けた鯛」の伝話もある。平成12年(2000)一字一石経の経塚に、「あけぼのの鐘」が建立された。
神宮禅寺 神宮禅寺
神宮禅寺>(白翁山 神宮禅寺)
 寺紋は十六菊、伊勢神宮信仰に関係があったと思われる。創建時は日ケ崎にあったが、宝永4年(1707)の大地震後、新居宿のまちづくりと共に現在地に再建された。明治になって要津寺と光珠庵が当寺に合寺した。
 境内には、子安観音、関所稲荷(忠臣蔵に出てくる土屋主税が建立)、東海道の旅人の安全を見守っていた鯖弘法大師が祭られている。
六地蔵
 六地蔵とは、釈迦の入滅後から弥勒菩薩が出世するまでの無仏時代に出現し、六道の全てに姿を現すことのできる唯一の菩薩であり、六道の全ての生き物を相手に教えを説き、救いの手を差し伸べてくれると信じられている。
 亡くなった肉親・知人たちが、六道のどこに生まれ変わっていよううと、その人を救って頂けますようにと願って六地蔵が作られた。
六道
禅林地蔵 地獄道 罪悪を犯すことによって受ける責め苦
牟尼地蔵 餓鬼道 貪欲な嫉妬によって引き起こされる苦しみ
護讃地蔵 畜生道 自分を反省しようとしない愚かさによって受ける苦しみ
諸龍地蔵 修羅道 争って、他者を打ち負かそうとする事によって受ける苦しみ
伏勝地蔵 人間道 身体と生活にまつわる苦しみ
伏息地蔵 天  道 快楽に満たされても、必ずそれを失う苦しみ
諏訪神社 諏訪神社
諏訪神社
 諏訪神社は景行天皇(約千九百年前)の創立と伝えられる古社である。当初は新居宿の総氏神、猪鼻湖神社として猿田彦大神を奉斎し、浜辺に鎮座していたが、数度の天災により宝永5年(1708)現在地に遷座となる。
 現神社名は井口嘉末なる者が信州より移り住み、天正年間(1590年頃)諏訪大明神の分霊を合祀したことから、いつしか諏訪神社と称するようになった。
龍谷禅寺 龍谷禅寺
龍谷禅寺>(東湖山 龍谷禅寺)
 創建当時は現在の浜松市入野町にあったが、寛文5年(1665)当地出身で山崎(浜松市西区雄踏町)の安寧寺住職であった萬牛和尚は、新居から山崎への信徒の往来の苦労を思い、東に湖を望むこの地へ嗣の絶えている東湖山龍谷寺を再興、開山となった。さらに、海を埋め立てて境内地を広げた。その地は、「龍谷寺掘り」と言い、現在でも地名が残っている。
 宝永4年(1707)の大地震で諸堂が崩壊。翌年、第二世の江国和尚が現在地に再建する。鎮守堂には、学問の神様「天神様」が祀られている。  
北海道
函館 どんぶり横丁 函館朝市
札幌 狸小路 二条市場
東北
秋田市民市場
関東
東京(新宿) 四季の路 新宿副都心街路
東京(神楽坂) 本多横丁 見番横丁 かくれんぼ横丁 芸者新路
見返し横丁 見返り横丁 紅小路 成金横丁
毘沙門横丁
東京(台東) 初音横丁 アメ横 仲見世
東京 甘酒横丁 恋文横丁 佃島 江戸小路new
菓子屋横丁 田楽辻子のみち
東海
ちょうちん横丁 浜松べんがら横丁 やきもの散歩道 しょうな 寺道
水辺の文学碑 すみれ街道 ペリーロード
近畿
京都 石塀小路 哲学の道 膏薬辻子
法善寺横丁
中国
尾道 石畳小路 うず潮小路
伊勢屋横町 菊屋横町 江戸屋横町
九州
鹿児島 ぐるめ横丁 天文館 維新ふるさとの道
鯉の水辺路


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.