写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <横丁や小路を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

法善寺横丁 水かけ不動   大阪市中央区
法善寺横丁
法善寺横丁 法善寺
法善寺横丁・夫婦善哉 「月の法善寺横町」の歌碑
 大阪・なんば(道頓堀)の「くいだおれ」の前を通ってすぐというか、ほんの2、3分の所にある横丁が「法善寺横丁」です。細い路地裏という感じもする通りです。石畳が風情を醸し出し、法善寺水かけ不動がある。何かしら懐かしいような雰囲気、霧島恒夫が唄う「包丁一本 さらしに巻いて−−という”月の法善寺横町”」が心の中から沸き上がってくる。派手なネオンと大勢の人でごった返している道頓堀からほんの少しの距離なのにここは別世界かと思われる。
織田作之助文学碑
 小説家織田作之助は、大正2年10月、生国魂神社の近くで生まれた。彼は郷土大阪をこよなく愛し、終生大阪を離れず、出世作「夫婦善哉」をはじめ、大阪の市井人情を描いた名作を多く残したが、昭和22年1月、読売新聞に「土曜婦人」を連載中、胸患のため惜しくも34歳の若さで世を去った。その命日が十日戎の日に当たるのも彼らしいというべきか。(法善寺横丁にある織田作之助文学碑より) 
北海道
函館 どんぶり横丁 函館朝市
札幌 狸小路 二条市場
東北
秋田市民市場
関東
東京(新宿) 四季の路 新宿副都心街路
東京(神楽坂) 本多横丁 見番横丁 かくれんぼ横丁 芸者新路
見返し横丁 見返り横丁 紅小路 成金横丁
毘沙門横丁
東京(台東) 初音横丁 アメ横 仲見世
東京 甘酒横丁 恋文横丁 佃島 江戸小路new
菓子屋横丁 田楽辻子のみち
東海
ちょうちん横丁 浜松べんがら横丁 やきもの散歩道 しょうな 寺道
水辺の文学碑 すみれ街道 ペリーロード
近畿
京都 石塀小路 哲学の道 膏薬辻子
法善寺横丁
中国
尾道 石畳小路 うず潮小路
伊勢屋横町 菊屋横町 江戸屋横町
九州
鹿児島 ぐるめ横丁 天文館 維新ふるさとの道
鯉の水辺路


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.