写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <横丁や小路を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

哲学の道 西田幾多郎   京都市左京区
哲学の道
哲学の道 哲学の道
哲学の道 哲学の道
 「哲学」とは、古代ギリシャ語”フィロ・ソフィア”の日本語訳で、元々は「知を愛する」という意味でした。
 哲学者・西田幾多郎(1870〜1945・京大教授)もまた、知を愛する人でした。彼は、西洋哲学(プラトンからヘーゲルまで)を徹底的に研究した。西田博士は、研究・講義・読書のあい間をみては、銀閣寺疏水べりの道を毎日のように散歩をしていた。やがて、彼の弟子たちも彼のまねをするようになった。これを知った経済学者・黒正巌が、彼の散歩道を「哲学の道」と名付けた。
 晩年、西田博士はとうとう「哲学」を超えてしまった。そして、たどりついたのが「歎異抄」(愛の書)と「臨済録」(知の書)だったのです。
 まるでそれを予告するかのように、彼は代表作「善の研究」の中で言っている。
知と愛とは、別々の精神作用ではない。知れば知るほど、愛するようになり、愛すれば愛するほど、知るようになる」と−−−。
哲学の道 哲学の道
哲学の道 哲学の道
 明治23年(1890)、東山山麓に完成された。琵琶湖疏水に続く、分線沿いの桜並木約1.8qの散策路、これが「哲学の道」です。
 近隣には、銀閣寺をはじめ法然院・若王子神社・永観堂・南禅寺など、著名な社寺が点在し、京都の伝統的な歴史や文化が今も尚息づいている。
 昭和43年(1968)、地元住民の熱意あふれる環境保全整備の声に京都市がこたえ、哲学の道として整備された。以来地元住民や水道局による清掃や保全整備が図られており、春の桜、初夏のホタル、秋の紅葉と四季折々に市民の散策路として喜ばれている。
ゲンジボタル
 疏水分線の若王子橋から銀閣寺橋に至るここ「哲学の道」では、毎年5月下旬から6月にかけてゲンジボタルが多数見られる。
 ゲンジボタルがこの周辺に多い理由としては、ゲンジボタルの幼虫のエサになるカワニナが疏水に多く生息していること、疏水沿いは自然がよく保存されていること、疏水が管理された水路であり自然河川のような大増水がないことなどがあげられる。良好な自然環境の指標ともなっているゲンジボタルが市街地に接したところに生息していることは、大変意義深く、市民ぐるみで末長く保護すべきものとして、昭和59年(1984)6月1日京都市登録天然記念物に登録された。
哲学の道
哲学の道 哲学の道
哲学の道 哲学の道
 数年後の春四月、再び訪れる。桜の季節ではない時には静まりかえっている哲学の道だが、この季節は人の列である。満開の桜並木には目を見張る。
哲学の道・西田幾多郎の言葉 哲学の道・西田幾多郎の言葉
 西田幾多郎の言葉 「人は人吾はわれ也 とにかくに吾行く道を吾は行なり」
北海道
函館 どんぶり横丁 函館朝市
札幌 狸小路 二条市場
東北
秋田市民市場
関東
東京(新宿) 四季の路 新宿副都心街路
東京(神楽坂) 本多横丁 見番横丁 かくれんぼ横丁 芸者新路
見返し横丁 見返り横丁 紅小路 成金横丁
毘沙門横丁
東京(台東) 初音横丁 アメ横 仲見世
東京 甘酒横丁 恋文横丁 佃島 江戸小路new
菓子屋横丁 田楽辻子のみち
東海
ちょうちん横丁 浜松べんがら横丁 やきもの散歩道 しょうな 寺道
水辺の文学碑 すみれ街道 ペリーロード
近畿
京都 石塀小路 哲学の道 膏薬辻子
法善寺横丁
中国
尾道 石畳小路 うず潮小路
伊勢屋横町 菊屋横町 江戸屋横町
九州
鹿児島 ぐるめ横丁 天文館 維新ふるさとの道
鯉の水辺路


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.