写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <温泉を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

こんばいろの湯 足湯   栃木県那須郡那須町
こんばいろの湯
こんばいろの湯 こんばいろの湯
こんばいろの湯 こんばいろの湯
 「こんばいろ」とは、那須での「カタクリ」の別名です。今ではあまり使われなくなったが、おじいちゃん、おばあちゃんたちの間では、今でも「こんばいろ」です。
 「カタクリ」の花は、那須のいたる所に自生する、大変なじみの深い花です。ここ那須湯本園地の周辺でも、4月末から5月初頃になると紫色の可憐な花を咲かせ、私たちの目を楽しませてくれる。
泉質 単純硫黄温泉(硫化水素型)弱酸性低張性高温泉
泉温 65.4℃
知覚的試験 無色澄明で強硫化水素臭および微苦味を有する。
那須温泉発見のいわれ
 那須温泉の発見は、630年代といわれている。時は34代舒明天皇の時代7世紀前半、那須山麓の茗荷沢の住人・狩野三郎行広という者が、ある日、狩りに出て大きな白鹿にあい、矢を射って傷つけた。
 逃げ去る白鹿を追って峡谷に至ると、傷を負った白鹿が湧き出る温泉に浸かって、傷を癒しているのを見つけたことが那須温泉の発見といわれ、その後、温泉が開かれ、温泉神社が創建されたといわれている。現在の元湯・鹿の湯は、このいわれにちなんで名付けられたものです。
 738年の記録である正倉院文書「駿河國正税帳」の条には、「小野牛養朝臣が病気療養のため奈良から那須温泉に向かった。」とあり、奈良時代から那須温泉が広く知れ渡っていたことがうかがえ、全国数千の温泉の中でも、最も古い温泉といわれている。  
北海道
定山渓温泉 登別温泉 層雲峡温泉 天人峡温泉 然別湖畔温泉
氷上露天風呂
東北
銀山温泉 猿倉温泉 蔦温泉 玉川温泉 土湯温泉
小安峡温泉 鬼首温泉 瀬見温泉 不老ふ死温泉
関東
麻布十番温泉 新宿十二社温泉 こんばいろの湯 大江戸温泉物語 谷川温泉
ゆびその湯 水上温泉
甲信越
ひまわりの湯 こまどりの湯 道志の湯 おきよめの湯 こぶしの湯
かぐらの湯 七味温泉 燕温泉 白骨温泉 渋温泉
関温泉 白馬駅前乃湯 大岡温泉 湯田中温泉
東海
伊豆長岡温泉 川根温泉 とうえい温泉 兎鹿嶋温泉 鳥羽温泉
三ヶ日温泉 赤石温泉 舘山寺温泉 独鈷の湯 蓮台寺温泉
堂ヶ島温泉
北陸
宇奈月温泉 芦原温泉
近畿
城崎温泉 有馬温泉 しらさぎの湯 湯村温泉 川湯温泉
湯ノ峰温泉
中国
湯本温泉 俵山温泉
四国
道後温泉new いやしの温泉郷 松尾川温泉 祖谷温泉
九州
筋湯温泉 黒川温泉 平戸温泉


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.