写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <温泉を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

蔦温泉 大町桂月   青森県十和田市
蔦温泉
蔦温泉 蔦温泉
蔦温泉 蔦温泉
蔦温泉
 国道103号線を走っていくと蔦温泉がある。一軒宿の「蔦温泉旅館」がよく知られている。大正時代に建造された本館と、足元から温泉が湧出するヒバの浴槽「久安の湯」が人気を集める。
 明治・大正時代の文人・大町桂月が愛した温泉で、彼はここ、蔦温泉に居住した。墓は温泉旅館の近くにある。
大町桂月
 大町桂月(1869〜1925)は高知出身の文人。名は芳衛。雅号桂月は月の名所桂浜にちなみ、桂浜月下漁郎(かつらはまげっかぎょろう)を縮めたもの。明治29年(1896)東大国文科卒。
 「十和田国立公園認定の請願文」の起草や、北海道層雲峡の名付け親としても知られている。桂浜の桂月の碑に刻まれた「見よや見よ みな月のみのかつら浜 海のおもよりいづる月かげ」の歌は、大正7年(1918)同郷の愛弟子、田中貢太郎と桂浜に遊んだ折の作である。大正14年(1925)6月10日蔦温泉にて病没。享年57歳。
北海道
定山渓温泉 登別温泉 層雲峡温泉 天人峡温泉 然別湖畔温泉
氷上露天風呂
東北
銀山温泉 猿倉温泉 蔦温泉 玉川温泉 土湯温泉
小安峡温泉 鬼首温泉 瀬見温泉 不老ふ死温泉
関東
麻布十番温泉 新宿十二社温泉 こんばいろの湯 大江戸温泉物語 谷川温泉
ゆびその湯 水上温泉
甲信越
ひまわりの湯 こまどりの湯 道志の湯 おきよめの湯 こぶしの湯
かぐらの湯 七味温泉 燕温泉 白骨温泉 渋温泉
関温泉 白馬駅前乃湯 大岡温泉 湯田中温泉
東海
伊豆長岡温泉 川根温泉 とうえい温泉 兎鹿嶋温泉 鳥羽温泉
三ヶ日温泉 赤石温泉 舘山寺温泉 独鈷の湯 蓮台寺温泉
堂ヶ島温泉
北陸
宇奈月温泉 芦原温泉
近畿
城崎温泉 有馬温泉 しらさぎの湯 湯村温泉 川湯温泉
湯ノ峰温泉
中国
湯本温泉 俵山温泉
四国
道後温泉new いやしの温泉郷 松尾川温泉 祖谷温泉
九州
筋湯温泉 黒川温泉 平戸温泉


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.