写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <海岸や海を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

桂浜 月の名所   高知県高知市
桂浜
桂浜 桂浜
 ひたすら自然のまま美しさを守り続けたきた桂浜は、高知県を代表する景勝地のひとつである。茂り合う松の緑と、紺碧の海が調和して見事な勝景を形づくっている。
 また、桂浜は「よさこい節」にも唄われるように、古来より月の名所として知られ、仲秋の名月がはるか水平線より静かに浮かび上がり、洋上に金波銀波のおどる姿に、うっとりとさせられてしまう。 
桂浜
 桂浜公園内には、日本では南四国と九州の一部にしか生息していない幻の魚「アカメ」など、海の生き物がいっぱいの桂浜水族館や土佐闘犬の闘技(かみ合わせ)や横綱土俵入りが人気のとさいぬパークなどがある。 
坂本龍馬像 坂本龍馬像
坂本龍馬像
 坂本龍馬は高知の城下町に住む郷士の次男として生まれ(1835)、青年時代江戸の出、千葉道場で北辰一刀流を学び剣士として知られているが、文久元年(1861)、いちはやく武市半平太(瑞山)の土佐勤王党に参加した。
 後、脱藩して勝海舟に師事して海軍建設を計画し又、 長州(山口県)の桂小五郎(木戸孝允)、薩摩(鹿児島)の西郷隆盛を説いて慶応2年(1866)薩長両藩の同盟協約を成功させ長州に押し寄せた幕府軍(徳川方)を撃破した。 これを機会に討幕運動が高まったが、龍馬はこの薩長同盟の勢力に土佐藩を加え、これを背景とする王政復古を考え、土佐藩の参政後藤象二郎を説き、 立憲的な議会制度を基とする新政府の出現を期した。山内容堂(15代藩主)は後藤の提案を受け入れて慶応3年(1867)10月3日将軍慶喜に大政奉還を建白した。
  将軍も時勢を察し、10月14日に政権返上を朝廷に上奏した。龍馬はこれを喜び新政府創立に奔走したが、11月15日京都河原町近江屋で幕府方の刺客に襲われ、同志中岡慎太郎とともに凶刃に倒れた。龍馬は海援隊長、慎太郎は陸援隊長として土佐藩の遊軍をつくり、 その活躍が期待されたが、幕末の新旧勢力対立の犠牲となった。時に龍馬は33歳、慎太郎は30歳であった。
北海道
神威岬 襟裳岬 オタモイ海岸
東北
入道崎 千畳敷海岸 八森岩館海岸 鵜ノ崎海岸 男鹿半島ジオパーク
男鹿国定公園 龍飛岬
関東
相模湾 真鶴岬 七里ヶ浜 片瀬東浜 稲村ヶ崎
観音崎 屏風ヶ浦 明鐘岬 金田海岸
東海
渥美半島 伊良湖水道 片浜十三里 恋路ヶ浜 日出の石門
伊良湖岬 堀切海岸
遠州灘 御前崎海岸 浜岡砂丘 中田島砂丘 米津の浜
今切口
伊豆半島 白浜海岸 爪木崎 松崎海岸 城ヶ崎海岸
入田浜 沼津海岸 堂ヶ島 黄金崎
波勝崎
鳥羽湾 伊勢湾 三保松原 二見浦 吉良・宮崎海岸
北陸
雨晴海岸 松田江浜 敦賀湾
近畿
南紀白浜 天橋立
中国
鳥取砂丘 日御碕 地蔵崎 折居海岸 関門海峡
深川湾
四国
エンジェルロード 桂浜 龍王岬 化石漣痕 叶埼
足摺岬new
九州
今津湾 九十九島
沖縄
佐和田の浜 与那覇前原ビーチ


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.