写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <墓地や終焉の地を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

石川啄木・終焉地 貧窮のなかで病歿   東京都文京区
石川啄木終焉の地
石川啄木終焉の地 石川啄木終焉の地
石川啄木最後の歌
 呼吸すれば、
 胸の中に鳴る音あり。
  凩(こがらし)よりもさびしきその音!


 眼閉づれど
 心にうかぶ何もなし
  さびしくもまた眼をあけるかな
石川啄木終焉の地
 明治44年(1911)8月7日、石川啄木は小石川区久堅町74番地(この建物の右隣)に引っ越す。この年の2月以来闘病生活を余儀なくされたが、歌作は続けていた。病状は(結核性のもの)は回復の兆しも見せており、引っ越ししてからも、17首を作って前田夕暮の雑誌『詩歌』9月号に寄稿している。
 しかし、一家の窮迫を見かねた父一禎が家出し、小樽に住む次女トラとその夫山本千三郎の家へ向かってしまう。9月3日のことだった。これを悲しんでいた啄木に、さらにショックな事件が起こる。
 9月10日ころ、親友中の親友として頼りにしていた宮崎郁雨と妻節子にいわゆる「不愉快な事件」が起こり、啄木は郁雨と義絶する。この事件が啄木に致命的な打撃を与え、神経衰弱となり、病状も悪化してしまう。
 これらの打撃は啄木から歌作の気力をも奪い去ってしまう。歌が湧き出て3日で254首も作り、自分の意のままになるのは「この机の上の置時計や硯箱やインキ壺の位置と、それから歌ぐらゐなものである」と言っていた啄木が歌作をやめてしまう。
 明けて明治45年(1912)正月、函館の岩崎正宛年賀状にようやく哀しい歌を1首書き添えるが、啄木の病状は悪くなる一方だった。2月中旬、歌はおろか日記さえも書けなくなった啄木に、土岐哀果から歌集『黄昏に』が送られてくる。扉の次の一枚には「この小著の一冊をとって、友、石川啄木の卓上におく。」と印刷されていた。啄木は親友の歌集を読んで最後の創作意欲をかき立てられる。そこで相馬屋製の原稿用紙に書きつけたのが、このたび碑になった二首です。呼吸の際に気管から聞こえる異音に寂しさを感じさせるさま、死に直面した絶望の境地が詠まれている。
 ドイツでは作曲家や詩人の最後の作品を「白鳥の歌」というが、碑に刻まれたこの二首はまさに啄木の「白鳥の歌」となった。(説明文より引用)
石川啄木終焉の地 石川啄木終焉の地
 上2枚の画像は、石川啄木顕彰室ができる前のもの。下の解説もその時に掲げられていたものです。
 石川啄木(1885〜1912)は本名を一といい、岩手県玉山村日戸常光寺に生まれた。はじめ明星派の浪漫主義詩人として出発、小学校代用教員となり、北海道に渡って地方新聞の記者になったが、作家を志望して上京、朝日新聞に勤務しながら創作活動を続けた。大逆事件に遭遇し幸徳秋水らの思想を知り、社会主義の立場にたつようになった。『時代閉塞の現状』で自然主義を批判、詩集『呼子と口笛』、歌集『一握の砂』などの作品を残し、貧窮のなかで病歿(肺結核)した。(母は前月に死去している)
 明治44年(1911年)8月7日、本郷弓町の喜乃床の2階からこの地の借家に移り、翌年4月13日逝去まで居住した。間取りは玄関2畳と4.5畳と8畳(又は6畳)と台所であったといい、移転時には既に病床にあって、文学的活動はなかったという。
 都内の啄木の遺跡としては『スバル』の編集所でもあった文京区本郷森川町の蓋平舘、本郷弓町の喜乃床など下宿した家もあるが、この地は啄木終焉の地として指定した 
墓地・終焉の地
赤穂浪士 織田信長 織田信孝 梅田雲浜 沖田総司
榎本武揚 於大 伊能忠敬 伊豆長八 太田道灌
石出掃部亮吉胤 岡村昭彦 大隈重信 芥川龍之介 石川啄木
岡倉天心 岡本綺堂 大久保利通 緒方竹虎 石原裕次郎
尾ア士郎 上田秋成 青木昆陽 明智光秀 足利尊氏
伊藤仁斎 池大雅 池禅尼 緒方洪庵 一色刑部
今川義元 小栗忠順 鬼あざみ清吉 泉鏡花 井伊氏歴代墓所
井伊直虎 井伊家武将 小川啓三・幸子 お牧の方new
春日の局 桂小五郎 祇王 葛飾北斎 紀伊国屋文左衛門
清河八郎 木村重成 上山草人・山川浦路 黒田清隆 加藤友三郎
小村壽太郎 後藤新平 紀州徳川家 狩野芳崖 蒲生君平
吉良仁吉 吉三郎 グラバー家 木地師墓石群 古泉千樫
久野久子 小泉八雲 こうもり安 近藤勇 鎌田政家
金子みすゞ 窪田空穂
坂本龍馬 佐久間象山 寂光土 彰義隊 薩摩浄雲
曾我兄弟 司馬江漢 蜀山人 島田虎之助 三条実美
杉浦重剛 三遊亭円朝 佐藤春夫 斎藤茂吉 志賀直哉
鹿都部真顔 清水次郎長 清水一学 斎藤鶴磯 千姫
角倉了以 十七烈士 蘇我入鹿 雪舟 沢宣嘉
榊原鍵吉 西郷隆盛 佐賀藩鍋島家 サトウハチロー 島村抱月
酒井抱一
豊臣秀吉 豊臣秀次 遠山金四郎
田沼意次 千葉周作 平将門 高村光太郎 田中芳男
高島鞆之助 忠犬ハチ公 田中久重 高峰譲吉 孝子
谷文晁 高橋至時 武市瑞山 信玄塚 辰巳屋惣兵衛
築山御前 天誅組 長州藩士の墓 徳川信康 竹久夢二
太宰春台 寺田屋殉難九烈士
中岡慎太郎 二宮尊徳 乃木希典 那須与一宗高 中原悌二郎
新田義貞 中村憲吉 永井隆 二・二六事件 永井荷風
夏目漱石 鼠小僧次郎吉 中濱(ジョン)万次郎
幡随院長兵衛 林芙美子 樋口一葉(終焉地) 浜口雄幸 北条時政
本阿弥光悦 保科正重 比企能員 羽仁もと子 間 新六
福田半香 弘田龍太郎
向井去来 間宮林蔵 松平定信 松本幸四郎 身禄行者
明珍本家 源頼朝 松本楓湖 源範頼 源頼家
万平塚 毛利家 森鴎外 源清麿 源義朝
松平康俊 森の石松 村山知義 三浦梧楼 モラエス
山岡鉄舟 八百屋於七 山本勘助 山路愛山 山縣有朋
与謝蕪村 吉野太夫 有無両縁塔 与三郎
雷電為右衛門
吉田松陰 終焉地 墓-(萩) 墓-(東京)
高杉晋作 終焉地 墓-(萩) 墓-(下関)
徳川慶喜 終焉地 墓-(東京)
吉良家 墓所-(東京) 墓所-(西尾)
外国人墓地 墓地-(横浜) 墓地-(函館) 墓地-(東京) 坂本国際墓地-(長崎)


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.