写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

二俣城 徳川信康   静岡県浜松市
二俣城址・本丸天守台跡
二俣城址・本丸天守台跡 二俣城址・本丸天守台跡
二俣城址・木立の間の天守台跡 二俣城址・眼下に見える天竜川
二俣城をめぐる攻防> 
 永禄11年(1568)12月から天正3年(1575)までの7年間、二俣城は、徳川・武田の攻防の舞台となった。二俣城は天竜川と二俣川の合流点に位置する天然の要害であり、しかも、二俣は遠江の平野部と北遠の山間地方を結ぶ交通路の結節点で、遠州平野の「扇の要」であったからである。
元亀3年の攻防
 元亀3年(1572)10月、武田信玄は大軍を率い、信濃を経て遠江に進入し二俣城を攻撃した。武田軍は力攻めの方法をとらず、城の水の手を断つ作戦を選んだ。徳川軍の城兵が岸に櫓を建て、釣瓶(つるべ)で天竜川から水を汲み上げているのを知り、上流から筏を流して井戸櫓の釣瓶を破壊した。こうして2か月ほどで二俣城は陥落した。
天正3年の攻防
 天正3年(1575)5月、長篠の戦いで勝利を得た徳川軍は、武田勢を一掃すべく二俣城の攻撃に着手した。鳥羽山に本陣を置き、毘沙門堂・蜷原(になはら)・渡ケ島に砦を築き二俣城を包囲した。武田軍は7か月で兵糧が底をつき城を明け渡した。そして、二俣城には大久保忠世が入城し、徳川が関八州へ移封する天正18年(1590)まで在城した。
 この間大規模な修築がなされ、天守台を始めとする諸施設を構築したと考えられる。
二俣城の構造
 標高90mの台地上に築かれた二俣城は、北側から北曲輪・本丸・二之曲輪・蔵屋敷・南曲輪がほぼ一直線に配置されている。天守台のある本丸の南・北にそれぞれ虎口(こぐち)を設け、北虎口は喰い違い虎口である。本丸西側には小規模な天守台が残っており、石積みは野面(のづら)積みである。本丸の南側には二之曲輪があり、枡形門跡がある。二之曲輪と蔵屋敷の間、そして蔵屋敷と南曲輪の間にはそれぞれ堀切がある。
徳川信康自刃事件
 大久保忠世が在城中に起こった事件として、有名なものに徳川家康嫡子信康自刃事件がある。一般には、信康とその母築山御前が武田と通じていたことを理由に、織田信長が信康を切腹させるよう家康に命じたとされている。家康はこれを受けて信康を天正7年(1579)9月15日、二俣城で切腹させた。この事件は戦国哀史として広く知られている。

 真夏の暑い日、蝉の大合唱を聞きながら天守台跡を訪ねる。木立の間に天守台跡が、眼下の木々の枝の間に天竜川が見える。
 雑草が生え放題の石垣を見て、思わず「国破山河在」とつぶやく。
国破山河在 国破れて山河在あり
城春草木深 城春(しろはるにして)草木深(そうもくふかし)
感時花濺涙 時に感じては花にも涙を濺(そそぎ)
恨別鳥驚心 別れを恨(うらんでは)鳥にも心を驚(おどろかす)
烽火連三月 烽火三月(ほうかさんげつに)連なり
家書抵万金 家書万金(かしょばんきんに)抵(あたる)
白頭掻更短 白頭掻(はくとうかけば)更に短かく
渾欲不勝簪 渾(すべて)簪(しんに)勝たえざらんと欲(ほっす)
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.