写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <祭やイベントなどを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

大道芸ワールドカップ 大道芸ワールドカップ IN 静岡  静岡市
大道芸ワールドカップ
大道芸ワールドカップ 大道芸ワールドカップ
大道芸ワールドカップ 大道芸ワールドカップ
大道芸ワールドカップ 大道芸ワールドカップ
大道芸ワールドカップ 大道芸ワールドカップ
 静岡市駿府公園で開かれた「大道芸ワールドカップ IN 静岡」の最終日の様子である。駿府公園は、徳川家康が将軍職を秀忠に譲り、隠居した駿府城跡の公園である。かなり広いが、ほぼ全てのエリアでパフォーマンスが開かれている。
 8個のボールを操るのは14歳になったばかりの少年(チェコ、アラン・シュルツ)、最後に9個のボールを操ることもやってくれた。会場内は大拍手につつまれた。この技は世界で3人しかできないとのアナウンスがあった。ボールを操る技をボールジャグリングというのだそうだ。
 イギリス人で体中に付けてあるラッパをならしてベートーベンの「運命」とかヴィバルリディの「四季」などを演奏し、盛んな拍手を受けていた。
 大道芸人のパフォーマンスを見ようと大勢の人が取り囲んでいる。そのため後ろからでも見えるように潜望鏡のような器具(パフォグラスというのだそうだ)で見ている人たち。これは、売店で売っている。(500円だったかな?)
 小型の脚立を持って歩いている人が多い。何に使うのかと思ったら、取り巻き集団の後ろからでも脚立の上に立てば見ることが出来るし、写真も撮ることが出来る。なるほど、生活の知恵かな、と感心した。「大道芸ワールドカップ IN 静岡」大会は、毎年11月初旬に開かれている。  
北海道
札幌 さっぽろ雪祭り すすきの氷の祭典
層雲峡氷瀑まつり アイスキャンドル 然別湖コタン
東北
新庄 青空市 最上産業まつり
男鹿 なまはげ@ なまはげA
五所川原 立佞武多@ 立佞武多A
芋煮会 秋田竿燈
関東
東京 上野公園・花見 世界らん展 サンタツリー よさこい祭り
国際バラとガーデニング
甲信越
ヒイチー
東海
浜松 虚空蔵尊大祭 風の盆 大太鼓祭 浜名湖弁天島花火
浜名湖花博 浜名湖立体花博 浜松がんこ祭 新幹線なるほど発見デー
浜松基地航空祭 サンドアート フォークジャンボリー 秋祭り
浜松まつり 凧揚げ合戦 屋台引き回し 風心会 祭りの練り
初子祝い 野口町屋台
雛のつるし飾り 遠州の花火 祖父江イチョウ黄葉祭 愛 地球博
蜂サミット 大道芸ワールドカップ
近畿
京都 五山送り火 北野天満宮骨董市 東寺がらくた市
神戸 灘の万灯祭 インフィオラータ神戸
世界陸上大阪大会 地蔵盆 甲子園
四国
かかしの里祭 阿波おどりnew


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.