写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <祭やイベントなどを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

凧揚げ合戦 浜松まつり   静岡県浜松市
浜松まつり・凧揚げ合戦
浜松まつり・凧揚げ合戦 浜松まつり・凧揚げ合戦
 浜松まつりの呼び物となっている凧揚げ。その起源については、いくつかの説がある。一説によると今からおよそ430余年前の永禄年間(1558〜1569)に、当時の浜松を治めていた引間城主の長男誕生を祝って城中高く凧を揚げたことが、凧揚げの起源であるといわれているが、記録としては定かではない。なお、記録に残っているものとしては、寛政年間(1789〜1800)の記録に凧の記述がみられる。「遠州のからっ風」と呼ばれる強い風が吹くこの地は、気候的にも凧揚げに好条件であり、東西の文化の合流点だったことで、さらに盛んになっていった。
浜松まつり・凧揚げ合戦
浜松まつり・凧揚げ合戦 浜松まつり・凧揚げ合戦
 江戸時代に定着したといわれている浜松まつりは、明治に入ってさらに活気を帯びてきた。今では浜松まつりに欠かせない初凧・凧合戦が本格化したのも明治20年頃で、長男が生まれたらその子の成長を願って凧を揚げる初凧の風習は、遠州地方に広がっていった。
 凧揚げはもともと各町で行われていたが、やがて一か所にまとめようという気運が生まれ、大正時代には組織も整えられ、会場も決められてまつりとしての体裁も整うことになった。これが今の浜松まつりの原型である。 
浜松まつり・凧揚げ合戦 浜松まつり・凧揚げ合戦
 各町のシンボルである凧じるしにも、現在の形に収まるまでには変遷があった。当初、初凧には鶴亀、日の出などの祝いの絵模様が多かったため、町内凧になってからも絵凧が多かったが、凧合戦が盛んになってくると1000m以上の高さまで揚がるものも出てきたため、一目で判断しやすいようシンプルでくっきりとした字凧が主流になってきた。(以上凧揚げ合戦説明より)
凧揚げ合戦 凧揚げ合戦 凧揚げ合戦 凧揚げ合戦 凧揚げ合戦 凧揚げ合戦 凧揚げ合戦 凧揚げ合戦 凧揚げ合戦
 大人も子供も一つになって祭りを楽しみ盛り上げる。地域の輪も広がり、人々の絆も確かめられる。出費もかさむことだろうが、住民の連帯感は増していくだろう。起業家の町の心躍る勇壮な祭りである。
北海道
札幌 さっぽろ雪祭り すすきの氷の祭典
層雲峡氷瀑まつり アイスキャンドル 然別湖コタン
東北
新庄 青空市 最上産業まつり
男鹿 なまはげ@ なまはげA
五所川原 立佞武多@ 立佞武多A
芋煮会 秋田竿燈
関東
東京 上野公園・花見 世界らん展 サンタツリー よさこい祭り
国際バラとガーデニング
甲信越
ヒイチー
東海
浜松 虚空蔵尊大祭 風の盆 大太鼓祭 浜名湖弁天島花火
浜名湖花博 浜名湖立体花博 浜松がんこ祭 新幹線なるほど発見デー
浜松基地航空祭 サンドアート フォークジャンボリー 秋祭り
やらまいか音楽祭new
浜松まつり 凧揚げ合戦 屋台引き回し 風心会 祭りの練り
初子祝い 野口町屋台
雛のつるし飾り 遠州の花火 祖父江イチョウ黄葉祭 愛 地球博
蜂サミット 大道芸ワールドカップ
近畿
京都 五山送り火 北野天満宮骨董市 東寺がらくた市
神戸 灘の万灯祭 インフィオラータ神戸
世界陸上大阪大会 地蔵盆 甲子園
四国
かかしの里祭 阿波おどり


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.