写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <祭やイベントなどを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社教会漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

古今雛 人形師原舟月   静岡県藤枝市
古今雛
古今雛 古今雛
 古今雛は、江戸時代後期に、江戸の人形師の原舟月が古代雛を参考に創始した雛人形です。衣装は、男雛が束帯、女雛が唐衣装の正装で、金や色の糸などを使って刺繍が施された美しい装束となっている。
 女雛の冠は、天冠(てんかん)と呼ばれる大きな金の冠が多く、釵子(さいし)と額櫛(ひたいぐし)や左右の端にいくつもの小さな玉をつないだ瓔珞(ようらく)を下げていりものもある。
 雛人形の目の玉には、水晶やガラスがはめ込まれ、徐々に華麗で精密なつくりとなり、現在のひな人形の祖形といわれている。
古今雛
古今雛 古今雛
●天冠:内裏雛の女雛などがつける冠(かんむり)で、金色の冠物の周囲を、小さな珠(玉)をいくつもつないだ瓔珞などの装飾で飾っているものです。おすべらかしの髪型の女雛になると冠は被らず、釵子・額櫛などとなる。
●瓔珞・玉や貴金属に紐を通してつないだ飾り。
古今雛
雛人形の起源と役割
 雛人形の起源を何に求めるか、複数の説がある。平安時代の貴族の女子の人形遊び「ひひな遊び」説。人形(ひとがた)・形代(かたしろ)に厄を移して川に流す風習(「流し雛」の原型)説。幼児の枕辺において病気や災厄を祓い、無事な成長を祈る人形の天児(あまがつ)・這子(ほうこ)説などです。
 雛人形の役割も、江戸時代になると、災厄を身代わりさせる意味合いから、身分の高い女性の嫁入り道具になっていった。
 雛祭りとして、雛人形が庶民により広く行われるようになったのは、江戸時代の貞享〜元禄年間(17世紀末〜18世紀初)以降になってからです。江戸時代後期には、女の子の幸福を祈るものとしての意味が主流となった。また、同時に、武家や町人社会では、縁起物として、官女や囃子が加えられた段飾りが発展した。
北海道
札幌 さっぽろ雪祭り すすきの氷の祭典
層雲峡氷瀑まつり アイスキャンドル 然別湖コタン
東北
新庄 青空市 最上産業まつり
男鹿 なまはげ@ なまはげA
五所川原 立佞武多@ 立佞武多A
芋煮会 秋田竿燈
関東
東京 上野公園・花見 世界らん展 サンタツリー よさこい祭り
国際バラとガーデニング
甲信越
ヒイチー
東海
浜松 虚空蔵尊大祭 風の盆 大太鼓祭 浜名湖弁天島花火
浜名湖花博 浜名湖立体花博 浜松がんこ祭 新幹線なるほど発見デー
浜松基地航空祭 サンドアート フォークジャンボリー 秋祭り
やらまいか音楽祭 エイサー演舞 和太鼓>
浜松まつり 凧揚げ合戦 風心会 初子祝い 祭りの練り
浜松まつり    御殿屋台 屋台引き回し 野口町屋台 向宿町屋台 八幡町屋台
領家町屋台 中島町本町屋台new
蜂サミット 遠州の花火 祖父江イチョウ黄葉祭 愛 地球博 大道芸ワールドカップ
近畿
京都 五山送り火 北野天満宮骨董市 東寺がらくた市
神戸 灘の万灯祭 インフィオラータ神戸
世界陸上大阪大会 地蔵盆 甲子園
四国
かかしの里祭 阿波おどり
共通
ひな祭り 等身大の雛人形 古今雛 御殿飾り 天神雛
木目込み人形 階段飾り 浮世人形 雛のつるし飾り


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2019 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.