写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <通りを吹き抜ける風に街の息吹を感じる写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

宇治橋通り 宇治茶の上林家   京都府宇治市
宇治橋通り
宇治橋通り 宇治橋通り
宇治橋通り 宇治橋通り・宇治代官所跡
 JR宇治駅から宇治橋方面に向かう。宇治橋通りである。
宇治代官所跡
 上林家は、徳川家康が本能寺の変(1582)で堺から三河に逃げ帰る際、上林久茂らが近江信楽まで先導した功績により代官に取り立てられと伝えられている。
 上林一族の代官支配は、江戸時代の初め頃から寛保3年(1743)までの百数十年七代にわたって宇治の代官として君臨した。寛保3年から寛政12年(1800)までの57年間は宇治に居住しない代官がこの任にあたった。
 その後、寛政12年から天保14年(1843)の43年間、上林六郎久忠が代官に就任しそのあと久建、久賢が代官職を勤めた。以後宇治郷を支配する代官は京都代官小堀氏、信楽代官多羅尾氏の兼務で引き継がれ、明治維新におよんだ。
 代官所のあった宇治妙楽160番地は明治5年8月には宇治町役場となり、また明治6年(1873)2月に開校した菟道小学校の門は、代官所の門が使用された。その後、この役場は、明治26年(1893)3月に宇治市役所となり、宇治市制が発足した記念すべき場所で、昭和38年(1963)に現在の宇治市役所(宇治琵琶33番地)に移転するまで続いた。 
宇治橋通り 宇治橋通り・上林家長屋門
宇治橋通り 宇治橋通り
 宇治茶で知られる宇治市。お茶に関係する建物、店舗等を通りで見かける。
<上林家の長屋門>
 江戸時代、朝廷や徳川幕府の御茶の御用をつとめた茶師上林春松家の長屋門である。当時、宇治橋通りには十数軒があって御茶壺道中や諸藩の御用茶壺はそれぞれの門構えから送り出されたのであったが、現在ではこの長屋門のみが付近唯一の遺構となった。
 建立の正確な年次は不明であるが、元禄11年(1698)の宇治大火の後で二百数十年前とされている。
 この家が四国阿波藩のお抱え茶師であったところから鬼瓦には蜂須賀家の家紋が残されている。なお大正年間に向かって左の長屋が倒壊し現在は右袖のみとなった。
宇治橋通り 宇治橋通り
 ウナギを焼くいいにおいがしてくる。「撮ってもいいですか。」「どうぞ、どうぞ」威勢のいい返事が返ってくる。  
北海道
函館 基坂通 港が丘通
小樽 堺町本通り 小樽運河裏通り 日銀通り
美瑛駅前通り 札幌駅前通 余市・リタロード サラブレット銀座
東北
新庄 笠地蔵とおり 鴨とり源五郎とおり こぶとり爺様とおり
秋田 仲小路 竿燈大通り
仙台・青葉通 石巻・マンガロード 青森・新町通り 山形駅前通り 盛岡大通商店街
関東
東京(銀座) 西銀座通り 銀座中央通りnew マロニエ通り 並木通り さくら通り
東京(浅草) 伝法院通り 浅草ひさご通り 花やしき通り 浅草通り
東京(渋谷) 渋谷センター街 文化村通り
東京 帝釈天参道 巣鴨地蔵通り 内堀通り 明治座通り 一つ木通り
赤坂通り 青山通り 新井薬師門前通り 六本木通り 晴海通り
表参道 丸の内仲通り もんじゃ通り 合羽橋本通り 合羽橋道具街通り
神楽坂通り 人形町通り 佃大通り 菊坂通り
横浜 横浜中華街@ 横浜中華街A イスパニア通り イセザキモール 山下公園通り
日本大通
鎌倉 鎌倉・小町通り 若宮大路
甲信越
善光寺参道
東海
静岡 呉服町通り エスパルス通り 清水駅前銀座 さつき通り
名古屋 大津通 久屋大通 広小路通
浜松・モクレン通り
近畿
京都 七条通 八坂神社参道 御池通 四条通 河原町通
烏丸通 先斗町通 新京極通 寺町京極
近江八幡 永原町通り 仲屋町通り 為心町通り 魚屋町通り 新町通り
宇治 宇治橋通り 平等院表参道
奈良・三条通り 彦根・夢京橋 長谷寺門前 赤穂・田町筋
中国
津和野 殿町通り 本町通り 高岡通り
美保関・青石畳通り みすゞ通り
四国
おはなはん通り
九州
長崎 長崎新地中華街 サントス通り オランダ坂通り
平戸・歴史の道 鹿児島・ナポリ通り 福岡・承天寺通り


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.