写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <神社を巡る写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
遺跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back 城・城跡
 建築・構造物
歴史的建造物 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼・湿原 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
日曜画家  
 管理人
管理人備忘録 リンク集
秋葉神社 秋葉山本宮   静岡県浜松市
秋葉神社
秋葉神社 秋葉神社・幸福の鳥居
秋葉神社
 秋葉山本宮秋葉神社(正一位秋葉神社)は、赤石山脈の最南端天龍川の上流に位置する標高866mの秋葉山にある。秋葉山は、昔から火防信仰を集めた霊山で、古代から信者がこの山を目指した道が秋葉街道と呼ばれている。今は車で走ってしまうことが多いが、往時はさぞ大変だっと想像される。最近になって古道も見直され、秋葉街道を歩く人も見られるようになってきた。
 毎年12月15・16日に「秋葉の火まつり」が行われ、大勢の信者や観光客が詰めかける。弓の舞い・剣の舞いに続いて松明を振りかざしながら舞殿を所狭しと舞う火の舞いが展開される。全国秋葉山の総社として県内外から多くの参拝客を集めている。
幸福の鳥居
 昔、秋葉山に正一位の勅額を掲げた金銅の鳥居が建っていた。
 秋葉大神は火難を始め諸厄諸病の難を免れて幸福を恵む厄除け開運の神徳がある。神徳は神意に沿った行為に依って授かると信ぜられた。幸福を象徴する黄金で造った鳥居を奉納して神にあやかり人々に幸福が与えられるよう冀ったのである。
 混迷の世に、人々の幸福を望み昔に倣い黄金の幸福の鳥居を建てたのである。
 (下6枚の画像は本殿正面上の彫刻である。)
秋葉神社 秋葉神社
秋葉神社 秋葉神社
秋葉神社 秋葉神社
  あなたふと 秋葉の山にまし坐せる この日の本の 火防ぎの神
御社号
 御社号は、上古は「岐陛保神ノ社」(きへのほのかみのやしろ)(岐陛は秋葉の古語)と申し上げたが、中世両部神道の影響を受けて「秋葉大権現」と称し、明治初年教部省の達で権現の号を改め「秋葉神社」となったが、昭和27年全国の秋葉神社の総本宮であるところがら「秋葉山本宮秋葉神社」と改称した。
御祭神・御神徳
 御祭神は火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)と申し上げ、伊弉諾(いざなぎ)、伊弉冉(いざなみ)二柱の神の御子で火の主宰神である。火の光は時間的、空間的に人間の活動の範囲を拡め、その熱は人間に冬の寒さをも克服させ、食生活を豊かにし、そのエネルギーは工業・科学の源となると共に、その威力は総ての罪穢を払い去るのである。光と熱と強いエネルギーを与えちれたこの神は、文化科学の生みの親として畏敬され、崇ばれて来たのである。
 御神徳は火の幸を恵み悪火を鎮め、諸厄諸病を祓い除く火防開運の神として、火災消除・家内安全・厄除開運・商売繁昌・工業発展の御霊験あらたかなるものとして、全国津々浦々から信仰されている。
 御霊験は奈良朝以来、縷々顕れ、御神威は海内に行きわたり、朝廷の御信仰篤く正一位の宣旨を賜って、正一位秋葉神社と申し上げる。
上社・下社
 御社頭は、山頂の上社と山麓の下社とある。
 下社は、若鮎跳る気田川の清流に臨む山麓坂下(国道362号線)にあって、バスを下車して約100mで社頭に額づくことが出来る。
 上社は、天竜川畔芸名・秋葉ダム(国道152号線)から夫々登山自動車道に沿って約20分で内項駐車場に達する。神域には老杉がうっ蒼と繁り、御本殿は昭和61年10月に遷座され、建坪130坪、総桧の入母屋流れ造りである。(神社のパンフレットより)
秋葉神社・神門
秋葉神社・玄武 秋葉神社・白虎
 参道の階段を登っていくと神門がある。神門の四隅には四神(青龍・朱雀・玄武・白虎)が施されている。そのうちの玄武(上左画像)と白虎(上右画像)である。
秋葉神社・神楽殿
 Jリーグのジュビロ磐田が必勝祈願の参拝に訪れていた。
秋葉神社・下社 秋葉神社・下社
 下社の景観である。
東北
秋田 八幡秋田神社 彌高神社
塩竈神社 櫻山神社 愛宕神社 赤神神社 五社堂
関東
東京    千代田区 靖国神社 神田明神
文京区 妻恋神社 湯島天神 根津神社 北野神社 金刀比羅宮東京分社
水神社
江東区 富岡八幡宮
渋谷区 明治神宮 御嶽神社
台東区 浅草神社 上野東照宮
港区 乃木神社 氷川神社 十番稲荷神社 愛宕神社
新宿区 穴八幡神社 熊野神社 赤城神社
中央区 水天宮 住吉神社
目黒区 大鳥神社
世田谷区 松陰神社
荒川区 諏方神社
葛飾区 氷川神社
鎌倉 鶴岡八幡宮 銭洗弁財天 荏柄天神社 鎌倉宮 第六天
八雲神社 御霊神社 小動神社
藤沢 江島神社 白旗神社
日光東照宮 筑波山神社 那須温泉神社 埼玉・氷川神社 白滝不動尊 八剱八幡神社
佐倉・麻賀多神社
甲信越
弁財天堂 稲荷大明神 駒ヶ岳神社 鉢伏神社 鎮神社
東海
浜松 賀茂神社 秋葉山本宮秋葉神社 縣居神社 足神神社 山住神社
井伊谷宮 五社神社 熊野神社 二宮神社 元城町東照宮
掛川 龍尾神社 事任八幡宮
豊橋 牟呂八幡社 吉田神社
豊川 大社神社 牛久保八幡社 関川神社 杉森八幡社
名古屋 熱田神宮 浅間神社 屋根神
針綱神社 来宮神社 小国神社 池宮神社 富士山本宮浅間大社 三嶋大社
静岡浅間神社 湊神社 治水神社 淡海國玉神社
北陸
氣比神社
近畿
京都    左京区 八大神社 平安神宮 貴船神社 熊野若王子神社 下鴨神社
吉田神社
右京区 野宮神社 梅宮大社 車折神社
上京区 北野天満宮 梨木神社 島原住吉神社 白峯神宮 上御霊神社
水火天満宮 岩上神社 霊光殿天満宮 首途八幡宮 晴明神社
菅原院天満宮神社
下京区 大政所御旅所 冠者殿社 八坂神社御旅所 神明神社 五條天神宮
住吉神社 道祖神社 菅大臣神社 新玉津島神社
中京区 錦天満宮 御所八幡宮 越後神社 土佐稲荷・岬神社 薬祖神祠
元祇園梛神社 武信稲荷神社 白山神社 下御霊神社
西京区 松尾大社
東山区 豊国神社 八坂神社 京都霊山護国神社 粟田神社 新日吉神宮
伏見区 伏見稲荷大社 御香宮神社
北区 今宮神社 上賀茂神社 大将軍神社 建勲神社
南区 六孫王神社 伏見稲荷大社御旅所
山科区 花山稲荷神社 山科神社 大石神社
宇治 宇治上神社 宇治神社
奈良 春日大社 御霊神社
熊野三山 熊野速玉大社 熊野那智大社 熊野本宮大社 大斎原
大阪 今宮戎神社 大国主神社
神戸 生田神社 北野天満神社
多治神社(南丹) 白川神社(甲賀) 姫宮神社(朝来) 多賀大社(多賀) 日牟禮八幡宮 出雲大神宮(亀岡)
酒解神社(大山崎) 橿原神宮 治田神社(明日香) 大石神社(赤穂) 竹生島神社
中国
下関 櫻山神社 赤間神宮 厳島神社
出雲大社 出雲大社 古代神殿心柱 幸魂・奇魂 神迎祭・神在祭
美保神社 松陰神社 稲成神社 住吉神社
四国
伊佐爾波神社
九州
久留米 篠山神社 高良大社
諏訪神社 太宰府天満宮 陶山神社 枚聞神社 照國神社 筥崎宮
八坂神社 霧島神宮 佐嘉神社 垂裕神社new



Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.