京都「町家小路」写真紀行   京都「祇園祭」を写真と文で紹介

祇園祭
・長刀鉾
・油天神山
・函谷鉾
・四条傘鉾
・占出山
・霰天神山
・山伏山
・綾傘鉾
・菊水鉾
・木賊山
・放下鉾
・北観音山
・橋弁慶山
・黒主山
・鈴鹿山
・浄妙山
・宵山@
・山鉾巡行@
・孟宗山
・保昌山
・太子山
・鶏鉾
・白楽天山
・月鉾
・芦刈山
・蟷螂山
・伯牙山
・郭巨山
・岩戸山
・船鉾
・八幡山
・役行者山
・鯉山
・南観音山
・宵山A
・山鉾巡行A
管理人
・リンク集  

菊水鉾 祇園祭   京都市
菊水鉾
菊水鉾 菊水鉾
菊水鉾 菊水鉾
 室町時代の末、町内に茶祖、千利休の師、武野紹おうの大黒庵があり、邸内にあった菊水井(きくすいい)にちなんで名付けられた。鉾先は金色の十六辨菊華(れんきくか)をつけている。真木の「天王座」には彭祖(ほうそ)像を祀り、屋上の夷像は元夷山の御神体である。
 この鉾は元治元年の兵火で消失したが、昭和27年(1952)、88年目に松本元治の願主で再興された。稚児人形は、菊の露を飲んで七百歳の長寿を保ったという能楽「菊慈童(きくじどう)」の舞姿である。屋根は、唐破風造り(からはふづくり)で翠簾(すいれん)を掲げるところは特に他の鉾と異っている。 
菊水鉾 菊水鉾
 胴掛は皆川月華作・獅子・麒麟・太陽と飛鶴の図、見送は孔雀(くじゃく)の図、両横水引は山鹿清華作鳳と彎図、皆川泰蔵作京都名所の図、天井は三輪晁勢(ちょうせい)の日月瑞雲図、餝金具(かざりかなぐ)は小林尚aの製作による。また、三輪晁勢作の上水引、皆川月華作の下水引があらたに完成をみるなど、京都の作家によって年々充実され「昭和の鉾」の偉容を示している。
 菊水鉾(きくすいぼこ)所在地:室町通四条通上ル菊水鉾町 

Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2021 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.