京都「町家小路」写真紀行   京都「祇園祭」を写真と文で紹介

祇園祭
・長刀鉾
・油天神山
・函谷鉾
・四条傘鉾
・占出山
・霰天神山
・山伏山
・綾傘鉾
・菊水鉾
・木賊山
・放下鉾
・北観音山
・橋弁慶山
・黒主山
・鈴鹿山
・浄妙山
・宵山@
・山鉾巡行@
・孟宗山
・保昌山
・太子山
・鶏鉾
・白楽天山
・月鉾
・芦刈山
・蟷螂山
・伯牙山
・郭巨山
・岩戸山
・船鉾
・八幡山
・役行者山
・鯉山
・南観音山
・宵山A
・山鉾巡行A
管理人
・リンク集  

祇園祭・宵山@ 京都三大祭   京都市
祇園祭・宵山
祇園祭・宵山 祇園祭・宵山
祇園祭・宵山 祇園祭・宵山
祇園祭・船鉾 祇園祭・蟷螂山のかまきり
祇園祭の由来> 
 祇園祭は京都・八坂神社の祭りで、京都三大祭に数えられる。三大祭は、葵祭(上賀茂神社・下鴨神社)、時代祭(平安神宮)とこの祇園祭である。また、日本三大祭(東京・神田祭、大阪・天神祭、京都・祇園祭)の一つにも数えられてもいる。
 祇園祭は、7月を通じて行われる長い祭りで、どれが祇園祭であるかと問われてもどれも祇園祭を構成している。その中でも山鉾巡行や宵山がよく知れれており、報道の機会も多い。
 この祇園祭は、貞観11年(869)に疫病が流行し、この疫病を祈祷によって疫病神の祟りをはらわんとしたことが起源とされる。このことが祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)、略して祇園会(ぎおんえ)と呼ばれている。それ以後、応仁の乱などにより一時の中断を除き毎年続けられてきた。実に千年以上の歴史を重ねてきており、日本の宝のような祭りである。
蟷螂山(とうろうやま・上右下)
 かまきりの羽や鎌が動くからくり仕掛けで、通称は「かまきり山」という。中国の故事「蟷螂の斧を以て降車の隊を禦(ふせ)がんと欲す」を題材にした山。そのかまきりは山の上部に据えられているが、下ではかまきりのおみくじをやっている。手動の手車でかまきりを回す。かまきりは180度回り、神社の拝殿のような所から木で出来た球が出てくる。かまきりの持つ入れ物に入ったことを確認して手車を180度回す。木の球に番号が書かれているのでその番号に合ったおみくじをもらう、という仕組みになっている。祭り気分も手伝ってか列を成していた。
護符
 各山鉾の御神体にまつわる「お守りの札」のことで、7月14日から3日間だけ各山鉾の周りで売り出される。山鉾によって護符の持つ意味や御利益は違う。
祇園祭・屏風祭 祇園祭・屏風祭
屏風祭> 
 宵山の期間中には、山鉾町内の旧家や老舗が秘宝の屏風や掛け軸など秘蔵の美術品を飾り、祭り見物の人々に公開している。古の都を感じながらのそぞろ歩きは祇園祭の楽しみの一つです。
祇園祭・宵山
祇園祭・宵山 祇園祭・宵山
祇園祭・宵山 祇園祭・宵山
祇園囃子(ぎおんばやし)
 鉾の上で囃される”コンチキチン”の祇園囃子は、鉾により一部共通するものの囃子方は鉾によって異なり、曲目は各鉾でそれぞれ約30曲あるといわれている。楽器は鉦(かね)、太鼓、笛の3種類で、鉦方は少年期から稽古を始め、成人に達して太鼓方や笛方になるのが普通です。囃子方の熱のこもった演奏は、祭りの粋と情緒を高める大切な要素です。(説明文の一部は、祇園祭 宵山・巡行ガイドより引用) 

Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2021 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.