京都「町家小路」写真紀行   京都「祇園祭」を写真と文で紹介

祇園祭
・長刀鉾
・油天神山
・函谷鉾
・四条傘鉾
・占出山
・霰天神山
・山伏山
・綾傘鉾
・菊水鉾
・木賊山
・放下鉾
・北観音山
・橋弁慶山
・黒主山
・鈴鹿山
・浄妙山
・宵山@
・山鉾巡行@
・孟宗山
・保昌山
・太子山
・鶏鉾
・白楽天山
・月鉾
・芦刈山
・蟷螂山
・伯牙山
・郭巨山
・岩戸山
・船鉾
・八幡山
・役行者山
・鯉山
・南観音山
・宵山A
・山鉾巡行A
管理人
・リンク集  

長刀鉾 祇園祭   京都市
長刀鉾
長刀鉾 長刀鉾
長刀鉾 長刀鉾
 毎年、「くじ取らず」として、必ず山鉾巡行の先頭を行く。現在、生稚児が乗る唯一の鉾であり、「しめ縄切り」で巡行が始まる。鉾頭にかざした宗近作の長刀(現在は複製)は疾病邪悪を払いながら進み、刀先は八坂神社と御所の方には向かない。
 鉾先きに大長刀(おおなぎなた)をつけているのでこの名で呼ばれる。長刀は疫病邪悪をはらうといわれ、三条小鍛冶宗近作(さんじょうこかじむねちか)の大長刀を飾ったことにはじまるが、現在は鉾頭(ほこがしら)は軽い木製に銀箔を張ったものにかえている。この鉾は古来「くじとらず」といい毎年必ず巡行の先頭にたち、生稚児(いきちご)ののるのも今ではこの鉾だけである。
 真木のなかほどの「天王座」には和泉小次郎親衡(いずみこじろうちかひら)の衣裳着の人形を祀っている。屋根裏の金地著彩群鳥図(きんじちゃくさいぐんちょうず)は松村景文(まつむらけいぶん)(1778〜1843)筆、破風(はふ)の厭舞(えんぶ)と刀鍛冶宗近(かたなかじむねちか)が長刀を造る姿の木彫胡粉彩色(もくちょうこふんさいしき)彫刻は片岡友輔の作である。
 前掛にはペルシャ花文緞通(だんつう)、ペルシャ絹緞通(古)、胴掛には中国玉取獅子(たまとりじし)文緞通、卍花文(まんじかもん)緞通、梅枝文緞通、トルコ花文緞通など秀れた18世紀頃の緞通類が用いられている。見送は中国明時代の雲龍図綴錦(うんりゅうずつづれにしき)である。
長刀鉾 長刀鉾
 長刀鉾(なぎなたほこ)所在地:四条通烏丸東入ル長刀鉾町 

Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2021 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.