写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <池、沼を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

不忍池 上野公園   東京都台東区
不忍池
不忍池 不忍池
不忍池
 不忍池を含む上野公園は、江戸時代に寛永寺の寺領であったが、明治になって公園になった。その後、博物館や美術館等の文化施設が数多く作ら、市民が大勢集うようになった。特に、春の桜の時期には大変多くの市民でにぎわう。夏には蓮の花が咲き、冬から春に懸けて渡り鳥が飛来する。
池をきれいにするしくみ
 今まで、ボート池には外から汚れたものが入ってきて、池の底に厚く泥(ヘドロ)がたまった。泥(ヘドロ)の中は酸素が少なくなって、汚れのもとになる栄養がたまった。そのため、春から秋まで緑色のアオコがたくさん池に浮かび、水が汚く見えていた。
 そこで、池の底から細かい空気のアワを出して水をゆっくり動かす。水が上下にまわると、池の底に酸素届くようになり、泥の中で小さな生物(バクテリア)が活発になり汚れのもと(栄養)を食べて増える。この増えたバクテリアを池の底にいる小さなえびや昆虫のなかまが食べ、さらにこれらを魚が食べる。このように生物のバランスを回復させながらヘドロを少しづつ減らす。
 この回復の途中では、一時的に生物のアンバランスが起きて水が濁ることもあるが、自然(生物)の力を使い、最終的にはよごれを生み出す仕組みをなくすので、水はゆっくりきれいになる。
不忍池
不忍池 不忍池
不忍池
水生植物
 水生植物には水の浄化作用がある。汚れた水をろ過したり、富栄養化の原因になる物質(チッ素やリン)を養分として根や茎から多量に吸収する。
 水生植物が多い岸辺は生物の種類が豊富です。水生の小動物や、これを食べる魚が集まってくるためです。また、魚の隠れがや産卵場所にもなる。 
不忍池・駅伝の歴史ここに始まる(ゴール) 三条大橋・駅伝の歴史ここに始まる(スタート)
駅伝の歴史ここに始まる
 我が国、最初の駅伝は、奠都50周年記念大博覧会「東海道駅伝徒歩競走」が大正6年(1917)4月27日、28日、29日の3日間にわたり開催された。スタートは、京都・三条大橋、ゴールは、ここ東京・上野不忍池の博覧会正面玄関であった。
 左画像がゴールの東京・上野不忍池の碑で、右画像がスタートの京都・三条大橋にある碑である。
北海道
青い池new 神仙沼
東北
五色沼 深泥沼 るり沼 青沼 赤沼 毘沙門沼
弁天沼 柳沼
十二湖 鶏頭場の池 青池
中瀬沼 レンゲ沼 大潟溜池
関東
三四郎池 不忍池 心字池
甲信越
菖蒲池・鏡池 大正池 鏡池
東海
桜ヶ池 入鹿池 桶ヶ谷沼
近畿
京都 宝ヶ池 小倉池 広沢池
奈良 鷺池 猿沢池
山田池


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.