写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <人物の足跡を巡る写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
遺跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back 城・城跡
 建築・構造物
歴史的建造物 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼・湿原 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
日曜画家  
 管理人
管理人備忘録 リンク集
金澤翔子 龍雲寺   静岡県浜松市
金澤翔子・共に生きる
金澤翔子・泰子
 共に生きる
金澤翔子・笑門来福
笑門来福
 翔子さんは時々、解らぬ事をする。きっとお母さんが「これ書いてみたら……」と言っているのであろう。それに対する反応がこれである。
 この「笑」にはおそれいった。想像外である。余白の取り方が凄い。どこから、こんな発想が生まれるのであろうか。
 平成21年(2009) 23歳作
作品解説
 作品解説は、常設作品や一部の作品を除き、金澤翔子さんの書の師匠であり、日本を代表する書家「柳田泰山」先生が行っている。翔子さんの書を、近くで見てきた先生だからできる解説である。
金澤翔子・五郎太石
五郎太石
 自然の川の流れの中で、何十年もかけて石が丸くなってくる。そんな解釈もいいのではないでしょうか。翔子さんはタオイズム(道に添って無為自然に明るく楽しく豊かに生きてゆく生き方)の世界にいます。自然に身を任せ、あるがままに生きていく。
 平成27年(2015) 29歳作
金澤翔子・魂魄
魂魄
 これは以前からお母様が、柳田楷法で書かせたいと希望し、しっかりとした楷書で書かせたようです。隙のない緻密な楷法と感じた。「書」は練習すればするほど間違いなく上達する。
 平成28年(2016) 30歳作 
金澤翔子・大哉心乎
大哉心乎
 京都・建仁寺を開山した栄西禅師の言葉です。人の心は本来自由で大らかである」翔子さんにももともと相応しい言葉でした。そして、お母さんがこよなく大切にした言葉ででもある。
 平成28年(2016) 30歳作 
金澤翔子・不死鳥
不死鳥
 翔子さんが生まれたとき、お母様は「この子と一緒に死のう」と思ったそうです。それから30年経ち、今は不死鳥の如く羽ばたいている。
 平成28年(2016) 30歳作 
金澤翔子・希望
希望
 翔子ちゃんの「書」は人々に希望を与えている。老若男女問わず、世界の人々まで感動の渦に巻き込む。小さな一輪の花から大輪、そして種を色々な所に撒いている。その「書」には無限の力がある。
 平成28年(2016) 30歳作 
金澤翔子・鐵牛之機
鐵牛之機
 鐵牛之機(てつぎゅうのき)は確固不動にして大活用をなす達人の霊気を言う。いずれも碧巌録よりの引用です。翔子さんは「牛」しか見えなかった様子だった。
 平成24年(2012) 26歳作 
金澤翔子・龍翔鳳舞
龍翔鳳舞
 この語句は何回書いたのか……。実は柳田流は、しばしば「龍」を「書」にしている。泰雪先生(三代目)泰山先生(四代目)もあらゆる書体でこの「龍」を書き続けている。それを翔子さんも受け継いでいる事が素晴らしいのです。
 平成27年(2015) 29歳作 
金澤翔子・春夏秋冬
春・夏・秋・冬
 この詩は誰もが理解されるような内容です。以前に翔子さんを冷やかして「秋春冬夏」と言ったり、「秋春夏冬」と言ったりすると、真顔で「違うよ、春夏秋冬だよ」と国語辞典を持ってきて私に見せてくれる。
 平成27年(2015) 29歳作 
金澤翔子・壽至蓬莱不老仙
壽至蓬莱不老仙(じゅはいたる ほうらい ふろうのせん)
 「蓬莱山の不老不死の仙人の壽を授からんことを祈る」という意味。不老長寿の話。
 翔子さんにとっては難解である。そこはお母さんの知恵を借りて「翔子、中国の山に髭の長いお爺さんがいるでしょっ……」お母さんは、ありとあらゆる手を使って、娘に教えている。微笑ましい光景でもある。
 平成21年(2009) 23歳作 
金澤翔子・截断衆流
截断衆流(せつだんしゅる)
 截断衆流は一切の煩悩をきっぱりと断ちきる意です。然し、翔子さんはどんな内容であっても、お母さんを信じて書いている。それこそ「截断衆流」の精神です。
 平成24年(2012) 26歳作 
金澤翔子・一期一會
一期一會
 人生を重ねる度に、深くそして重く感じられる言葉である。翔子さんにとっての一期一會は、展覧会を開く度に新しい人々との出会いを楽しみにしている。また、「書」の一本一本の線にも一期一會がある事を忘れてはいけません。
 平成21年(2009) 23歳作 
即今目前
金澤翔子 書展@ 書展A 金澤翔子と龍雲寺

趣味悠々
クロマハープ サーフィン SUP(サップ) パラモーター ラジコン・グライダー
パラグライダー@ パラグライダーA

釣り
北海道 函館港 サバ釣り ホッケ釣りnew
甲信越 平谷湖 富士五湖
東海 伊浜漁港 佐鳴湖 水窪川 折戸湾
鳥羽港 片浜十三里 恋路ヶ浜 日出の石門
赤羽根港 浜名湖 蔦の淵 木曽川
清水港
近畿 宇治川 山田池
中国 浜田港
四国 与島

楽器
日本 チンドン ゴッタン ビードロ 一絃琴
胡弓 三線 三味線
雅楽 一絃琴 琵琶
ヨーロッパ サクソフォーン ヴァイリン オーボエ オクタヴィン
ギター クラヴィコード クラリネット オルガン
チェンバロ チター トランペット・マリーン トロンボーン
ハープ・リュート バグパイプ バラライカ ファゴット
ハープ ハーディ・ガーディ
アメリカ バンジョー アパラチア・ダルシマー
東南アジア ジャワ島のガムラン バリ島のガムラン サイン・ワイン ジュゴッグ
スナリ
アフリカ 親指ピアノ ヴァリハ バラフォン リトゥング
中国 編馨 編鐘
インド ガタム
モンゴル 馬頭琴
オーストラリア ディジェリドゥー
南米 ツゥン


Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.