写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <人物の足跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

国木田独歩 「武蔵野」の構想を練る   東京都渋谷区
国木田独歩
国木田独歩 国木田独歩
 国木田独歩は、明治4年(1871)銚子に生まれ、同29年ここに移り住み、名作「武蔵野」の構想を練った。また、「源叔父」「欺かざる記」もここで執筆したが、翌30年6月麹町に移った。(碑の説明文)
 国木田独歩の本名は哲夫です。東京専門学校(現早稲田大学)に学び、雑誌の編集や教師を経て、明治27年、国民新聞記者として従軍する。その後、佐々城信子と結婚したが、半年で離婚し、手記「欺かざるの記」をだす。明治30年、詩集「抒情詩」を出版し、また「源おぢ」「忘れえぬ人々」「春の鳥」などで浪漫的抒情文学、浪漫主義の作品を発表する。晩年は「窮死」「竹の木戸」などで自然主義作家として評価された。明治41年(1908)肺結核で亡くなる。36歳だった。
国木田独歩文学碑
 国木田独歩は、晩年の数年間は肺結核を患い、湯河原温泉の「中西屋」(現在は廃業)に3回も来て、「湯ケ原より」「恋を恋する人」「湯ケ原ゆき」の短編小説を書いている。「湯ケ原ゆき」(明治40年7月)の末尾は、次のような一文で終る。「日は暮れかかって雨は益々強くなった。山々は、悉く雲に埋れて僅かに其麓を現すばかり、我々が門川で下りて、更に人力車(くるま)に乗りかへ、湯ケ原の渓谷に向った時は、さながら雲深く分け入る思があった。」下線の部分が文学碑に刻まれ、昭和11年6月23日、独歩の30年忌に現在の湯河原万葉公園内に建てられた。
 (泰山木さんより *万葉公園  JR湯河原駅より路線バス10分「落合橋」下車。)
<以前の投稿欄のコメント>
  国木田独歩は、若くしてなくなったが、すばらしい文学作品を残してくれた。本当にありがたい。私は、なにか俗世間のことでむしゃくしゃすることがあると、よく独歩の作品を読むことにしている。そうすると不思議にさわやかな気分に充たされているいる自分を発見するのだ。ありがとう独歩。独歩の思想なり哲学をまとめてみたいと思っているが、こんなちいさい了見の自分にとらえることができるかなと謙虚な気持ちをもって取り組みたい。原優治
人物
伊藤左千夫 緒方洪庵 上野彦馬 井上良馨 板垣退助
大山巌 大久保利通 伊藤博文 青木周弼 ヴォーリズ
芥川龍之介 愛新覚羅溥傑・浩 お龍 大石瀬左衛門 大石頼母助良重
足利義輝 岩崎弥太郎 井伊共保
亀井勝一郎 クラーク博士 国木田独歩 金田一京助・春彦 幸田露伴
賀茂真淵 金原明善 楠部弥弌 小泉八雲 木戸孝允
黒田清輝 金子みすゞ 久坂玄瑞 桂 太郎 勝 海舟
片岡源五右衛門
銭形平次 サトーハチロー 西郷従道 白井鐵造 清水次郎長
西園寺公望 志賀直哉 渋沢栄一 西郷隆盛 東海林太郎
島木赤彦 坂本龍馬 ジョン万次郎 佐藤春夫
徳富蘆花 徳田秋声 滝沢馬琴 谷崎潤一郎 坪内逍遙
高蛹虫沽Y 豊田佐吉 竹久夢二 高山彦九郎 徳川吉宗
高杉晋作 高杉晋作 療養の地 東郷平八郎 天璋院・篤姫 寅さん
玉木文之進 坪井九右衛門 田中義一 富岡鐵齋 武野紹鴎
徳川家康(静岡) 徳川家康(浜松)
新渡戸稲造 野口英世 新島襄 永井荷風 西田幾多郎
西周 永井隆 中島伊勢 中島 登
函館四天王 堀部安兵衛 二葉亭四迷 弘田龍太郎 林芙美子
文之和尚 本間精一郎
御木本幸吉 円山応挙 真下飛泉 森鴎外@ 森鴎外A
村田新八 正岡子規 森 寛斎 三善清行 宮沢賢治
モラエスnew
吉田松陰 吉田稔麿 山縣有朋 山鹿素行 山内千代
蓮如上人
渡邊蒿蔵
石川啄木 新婚の家 蓋平館別荘跡 函館居住地跡 赤心館跡
喜之床旧跡
夏目漱石 誕生地 住宅 旧居跡
樋口一葉 樋口一葉 伊勢屋質店


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.