写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <遺跡を巡る写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
遺跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back 城・城跡
 建築・構造物
歴史的建造物 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼・湿原 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
日曜画家  
 管理人
管理人備忘録 リンク集
二ツ森貝塚 世界遺産   青森県上北郡七戸町
二ツ森貝塚
二ツ森貝塚 二ツ森貝塚
二ツ森貝塚 二ツ森貝塚 二ツ森貝塚 二ツ森貝塚 二ツ森貝塚
環境の変化を表す貝塚を伴う集落遺跡
 太平洋岸に続く小川原湖西岸の標高約30mの段丘上に立地する。海進期に形成された湖沼地帯にあり漁労や貝の採取に適した場所だった。集落は、段丘平坦部に竪穴建物や貯蔵穴などで形成された居住域、その外側に墓域が配置されている。
 貝塚は丘陵の北と南の斜面にあり、下層には海水性、上層には汽水性の貝塚が形成され、海進・海退による環境の変化がわかる。出土した釣り針や銛などの漁労具、魚骨、動物骨などから漁労や狩猟が行われたと考えられる。
 貯蔵穴の中からは埋葬された人骨や犬の骨が検出しており、墓に転用されたと考えられる。東北地方有数の大規模貝塚を伴う拠点集落で、湖沼地帯における生活と集落の様子が明らかになった。
 縄文時代の住居は、一般的に地面を掘りくぼめて、その上に屋根をかけた半地下式の竪穴住居だった。竪穴住居は、木材や樹皮、水辺に生えている茅などを材料に造られた住まいで、世界各地に造られていた。
 竪穴住居の形は、時代によって特徴があり、角の丸い正方形、楕円形、円形などがある。また、柱の数や大きさもそれぞれ形と関連して特徴がある。なお、竪穴住居以外に地面を掘らずに柱を立てた平地住居や掘立柱建物などもあった。
 二つ森貝塚ではおよそ148軒の竪穴住居跡が確認されている。
二ツ森貝塚
 発掘調査では、竪穴のくぼみや柱を立てた柱穴、火を焚いた炉跡などから竪穴住居の跡を確認するすることができる。なお上屋(屋根)は植物質の材料で出来ているので、時間とともに腐ってしまいほとんどの場合残っていないが、火災で蒸し焼きになった住居跡から、上屋の茅などの上に土をかけた土葺きの竪穴住居だったことが分かる場合もある。また、壁際に柱を立てた柱穴が何列か見られるものもり、増築して床面をひろげたことも分かる。
 住居の中で火を焚いた炉の跡には、単純に床を利用した地床炉、石を利用した石囲炉、土器を利用した土器片囲炉、埋甕炉など時期によって特色がある。
二ツ森貝塚
二ツ森貝塚 二ツ森貝塚 二ツ森貝塚 二ツ森貝塚 二ツ森貝塚 二ツ森貝塚
 貝塚が築かれた当時は温暖化に伴う海面上昇(縄文海進)の影響で、遺跡が立地する台地下に干潟環境が整っていたと考えられている。15ヶ所の貝塚をはじめ多数の竪穴建物群・貯蔵穴・墓の跡などの遺構や、貝塚から見つかる貝類・獣骨等は当時の集落構造や生業。生活を示す点で重要であることから国史跡に指定された。
 約5,500年前〜4,000年前(縄文時代前期中頃から中期後半)
縄文遺跡
北海道
北黄金貝塚 入江貝塚 キウス周堤墓群
東北
青森 大森勝山遺跡 田小屋野貝塚 亀ヶ岡石器時代遺跡 小牧野遺跡
二つ森貝塚
青森(三内丸山) 三内丸山遺跡@ 三内丸山遺跡A
秋田 伊勢堂岱遺跡 大湯環状列石
東海
蜆塚遺跡
共通
縄文土器 丸木舟new
 
弥生遺跡
東海
伊場遺跡
九州
吉野ヶ里 南内郭 「王」の家 「王」の妻の家 「王」の娘の家
逆茂木 貫頭衣 上層人の衣装 集会の館
織物の倉 「大人」の家 「大人」の妻の家 酒造りの家
道具の倉 石庖丁 紡錘車 物見櫓
弥生時代の布 祀堂 櫓門 甕棺墓列
北墳丘墓 稲穂の倉 弥生人
共通
弥生土器

古墳
東海
吉岡大塚古墳



Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.