写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <遺跡を巡る写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
遺跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back 城・城跡
 建築・構造物
歴史的建造物 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼・湿原 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
日曜画家  
 管理人
管理人備忘録 リンク集
三内丸山遺跡@ 特別史跡   青森県青森市
三内丸山遺跡・大型掘立柱建物
三内丸山遺跡・大型掘立柱建物 三内丸山遺跡・大型掘立柱建物
 特別史跡三内丸山遺跡は縄文時代前期中頃から中期にかけて(約5500年前〜4000年前)、長期間継続した大規模な集落跡です。平成4年(1992)から発掘調査が行われ、、竪穴住居跡、大型竪穴住居跡、大人と子供の墓、盛土、大型掘立柱建物跡、掘立柱建物跡、貯蔵穴、粘土採掘坑、道路跡などが見つかり、集落全体の様子や当時の環境が明らかになった。
 また、膨大な量の土器、石器、土偶、土・石製品、掘り棒などの木製品、漆器、縄文ポシェットと編布、骨角器などが出土し、他地域から持ち込まれたヒスイや黒曜石なども見つかっている。
 平成12年(2000)11月に国の特別史跡に指定された。
三内丸山遺跡・大型掘立柱建物
大型掘立柱建物> 
 復元した大型掘立柱建物は、発掘調査の成果や柱穴の底の部分にかかっていた土圧の分析結果などから全体の大きさを推定したもので、柱間と同じ4.2m間隔で床を作り、3層の建物としている。屋根については様々な説があることから現在のところ復元していない。
三内丸山遺跡・大型掘立柱建物跡 三内丸山遺跡・大型掘立柱建物跡
三内丸山遺跡・大型掘立柱建物跡 三内丸山遺跡・大型掘立柱建物
大型掘立柱建物跡> 
 掘立柱建物は柱穴を掘り、柱を立て、床や屋根を支えている。ここからは直径約2m、深さ約2mの柱穴が3個ずつ2列並んで見つかった。これらの間隔は全て約4.2mで、規則正しく配置されていた。柱穴の中からは直径約1mのクリの木柱が見つかった。縄文時代後半(約4200年前)のものと考えられている。 
三内丸山遺跡・大型竪穴住居
三内丸山遺跡・大型竪穴住居 三内丸山遺跡・大型竪穴住居
三内丸山遺跡・大型竪穴住居 三内丸山遺跡・大型竪穴住居
三内丸山遺跡・大型竪穴住居
大型竪穴住居> 
 長さが10m以上の竪穴住居は大型竪穴住居と呼ばれている。この復元大型竪穴住居は長さ約32m、幅約9.8m、床面積約250uであり、日本最大のものです。縄文時代中期後半(約4000年前)のものを復元した。住居の他に、集会場や共同作業場などの説がある。 
三内丸山遺跡・模型 三内丸山遺跡・模型
三内丸山遺跡・模型 三内丸山遺跡・模型
建物模型
 竪穴住居は、少なくとも20棟、多くみつもると数十棟に達した。その中には、面積が200u以上の大型住居もあった。地面に直接柱をたてた建物は、食料の貯蔵施設だろう。(模型は佐倉国立歴史民俗博物館にて)
縄文遺跡
北海道
北黄金貝塚 入江貝塚 キウス周堤墓群
東北
青森 大森勝山遺跡 田小屋野貝塚 亀ヶ岡石器時代遺跡 小牧野遺跡
二つ森貝塚
青森(三内丸山) 三内丸山遺跡@ 三内丸山遺跡A
秋田 伊勢堂岱遺跡 大湯環状列石
東海
蜆塚遺跡
共通
縄文土器 丸木舟new
 
弥生遺跡
東海
伊場遺跡
九州
吉野ヶ里 南内郭 「王」の家 「王」の妻の家 「王」の娘の家
逆茂木 貫頭衣 上層人の衣装 集会の館
織物の倉 「大人」の家 「大人」の妻の家 酒造りの家
道具の倉 石庖丁 紡錘車 物見櫓
弥生時代の布 祀堂 櫓門 甕棺墓列
北墳丘墓 稲穂の倉 弥生人
共通
弥生土器

古墳
東海
吉岡大塚古墳



Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.