写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <小舟から大型船までを巡る写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
遺跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back 城・城跡
 建築・構造物
歴史的建造物 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼・湿原 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
日曜画家  
 管理人
管理人備忘録 リンク集
戦艦「陸奥」 戦艦「長門」型の2番艦   広島県呉市
戦艦陸奥
戦艦陸奥
 戦艦「陸奥」は、呉で建造された戦艦「長門」型の2番艦として横須賀海軍工廠で建造された。しかし、、主要な部材である主砲身・副砲身・装甲鈑・主舵・スクリューなどは、呉海軍工廠で製造されたものを運搬し、横須賀海軍工廠で取り付けられた。
 戦艦「陸奥」は、太平洋戦争中、対空兵装強化のために呉海軍工廠へ入渠(にゅうきょ)している。
 昭和18年(1943)6月、山口県柱島沖の連合艦隊泊地に停泊中、原因不明の爆発事故により沈没したが、その際にも呉鎮守府から救助隊や原因究明のための調査団が派遣されている。
戦艦陸奥・41センチ主砲身
戦艦陸奥・41センチ主砲身 戦艦陸奥・41センチ主砲身
41センチ主砲身の製造(4番主砲塔左)
 戦艦「陸奥」に搭載された41セイン砲は呉海軍工廠で開発したもので「陸奥」の建造当時は世界最大の艦載砲であった。
 呉海軍工廠砲熕(ほうこう)部が大正7年(1918)に量産初号砲を完成させ以降74門製造した。大正9年(1920)からは北海道室蘭において日本製鋼所も生産を開始し24門製造した。
 ここに展示されている砲は、日本製鋼所の2号砲で大正10年(1921)完成したもので戦艦「陸奥」には昭和11年(1936)に搭載された。この主砲身の砲尾に「室2」が刻印されている。
戦艦陸奥・主錨・ 戦艦陸奥・船尾フェアリーダー(右舷用)
 主錨  船尾フェアリーダー(右舷用)
戦艦陸奥・艦尾旗竿 戦艦陸奥・主舵
 艦尾旗竿  主舵
戦艦陸奥
 スクリュープロペラなど。
 全長  224.94 m  最大幅  34.60 m
 吃水  9.46 m  最大速力  25.28 ノット
 最大排水量  39,050 トン  主砲  41センチ砲 8門
客船
サファイア・プリンセス ぱしふぃっくびーなす 飛鳥U 氷川丸 十石舟・三十石船
帆船
海王丸 浪華丸 日本丸 明治丸 初代日本丸
観光船
隅田川の船 水上バス(東京) シーバス 水上バス(清水)
貨物船
コンテナ船 小鵜飼船 丸子船
渡船
天保山渡船 矢切の渡し 牛川の渡し
連絡船
羊蹄丸 八甲田丸 摩周丸 かめりあ丸 伊勢湾フェリー
本島汽船 さんふらわあ 呉港フェリー
漁船
イカ釣り船(浜田) イカ釣り船(函館) しらす船 イカ釣り船(美保関) イカ釣り船(女川)
観測・調査船
ふじ しんかい2000 潜水調査船たんかい 宗谷
軍艦
戦艦 戦艦 三笠 戦艦 陸奥
潜水艦 潜水艦 潜水艦あきしお
潜航艇 回天 海龍
開陽丸(江戸幕府) 開陽丸・外観 開陽丸・甲板 開陽丸・内部 開陽丸・装備
開陽丸・引揚品
北朝鮮工作船 護衛艦 はたかぜ
模型
昇平丸 帆船模型 手漕ぎ木造和船 戦艦大和(1/10)@ 戦艦大和(1/10)A
戦艦扶桑(1/100) 御朱印船 遣唐使船new スイップ模型(蘭)
その他
戦艦大和の砲弾 潜水艦の食事 魚雷 機雷 機雷処分


Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.