写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <小舟から大型船までを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

羊蹄丸 青函連絡船   東京都品川区(船の科学館)
羊蹄丸
羊蹄丸 羊蹄丸
 青函連絡船は、1908年に青森と函館を結ぶ鉄道連絡線として生まれた。北海道へ渡るにはこの方法しかなかった時代である。しかし、長時間の乗り継ぎが不便であることから青函トンネルが生まれ、やがて青函連絡船は役目を終えたのである。この羊蹄丸は、昭和40年に青函連絡船として登場し、実に22年7ケ月にわたって就航した。昭和63年3月13日、最後の上り旅客便でその任務を終え、今は船の科学館に係留されている。
 その後、羊蹄丸は、平成24年(2012)秋以降に新居浜市で解体された。
音風景
 BGMに流れているのは、昭和55年(1980)10月、青森から函館に向かう青函連絡船に乗った時に録音したものである。午後4時頃、青森の岸壁を離れた。紙テープが舞い、蛍の光が流れる中、静かに青森港を後にしていった。その時の音風景である。時とともに津軽海峡が次第に暗闇に包まれていったことなどが思い出される。
 当時は、インターネットやHPなど考えられない時代であったが、今、こうして当時の音を生き返らせることができた。感慨深いものがある。
羊蹄丸 羊蹄丸
羊蹄丸 羊蹄丸・スクリュープロペラ
 2、3年後に再び訪れる。船体の色が全く変わっていたので驚く。現役の就航時はどんな船体色だったのだろうか。
スクリュープロペラ
 最下段右の写真は、羊蹄丸の船尾に取り付けられていたスクリュープロペラである。4枚のグレード(翼)の角度を変えることができる可変ピッチプロペラで、回転数や回転方向を一定のまま、船のスピードや前後進のコントロールができる。羊蹄丸には、このスクリュープロペラが左右2個付いていた。直径:3.25m。重量:6.02t。 
青函連絡船の音風景
客船
サファイア・プリンセス ぱしふぃっくびーなす 飛鳥U 氷川丸 十石舟・三十石船
帆船
海王丸 浪華丸 日本丸 明治丸 初代日本丸
観光船
隅田川の船 水上バス シーバス
貨物船
コンテナ船 小鵜飼船 丸子船
渡船
天保山渡船 矢切の渡し
連絡船
羊蹄丸 八甲田丸 摩周丸 かめりあ丸 伊勢湾フェリー
本島汽船 さんふらわあnew
漁船
イカ釣り船(浜田) イカ釣り船(函館) しらす船 イカ釣り船(美保関) イカ釣り船(女川)
観測・調査船
ふじ しんかい2000 潜水調査船たんかい 宗谷
軍艦
潜水艦 護衛艦・はたかぜ 戦艦・三笠 北朝鮮工作船
模型
昇平丸 帆船模型 手漕ぎ木造和船


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.