写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <歌の舞台を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

坊がつる讃歌 山男たち歌   大分県竹田市
坊がつる讃歌
坊がつる讃歌 坊がつる讃歌
「 坊がつる讃歌 」  
   作詞:神尾明正、 補作:松本征夫、 作曲:竹山仙史、 唄:芹洋子
 1  人みな花に酔うときも
 残雪恋し山に入り
 涙を流す山男
 雪解(ゆきげ)の水に春を知る
 2  ミヤマキリシマ咲き誇り
 山くれないに大船(たいせん)の
 峰を仰ぎて山男
 花の情を知る者ぞ
 3  四面山なる坊がつる
 夏はキャンプの火を囲み
 夜空を仰ぐ山男
 無我を悟るはこの時ぞ
 4  出湯(いでゆ)の窓に夜霧来て
 せせらぎに寝る山宿に
 一夜を憩う山男
 星を仰ぎて明日を待つ
 5  石楠花(しゃくなげ)谷の三俣(みまた)山
 花を散らしつ篠分けて
 湯沢に下る山男
 メランコリーを知るや君
 6  深山(みやま)紅葉に初時雨
 暮雨滝(くらさめたき)の水音を
 佇(たたず)み聞くは山男
 もののあわれを知る頃ぞ
 7  町の乙女等思いつつ
 尾根の処女雪蹴立てつつ
 久住(くじゅう)に立つや山男
 浩然の気は言いがたし
 8  白銀(しろがね)の峰思いつつ
 今宵湯宿に身を寄せつ
 斗志に燃ゆる山男
 夢に九重(くじゅう)の雪を蹴る
 9  三俣の尾根に霧飛びて
 平治(ひじ)に厚き雲は来ぬ
 峰を仰ぎて山男
 今草原の草に伏す
坊がツル賛歌
坊がツル
 坊がツルは大船ヤマ、平治岳、三俣山、久住山などの山々に囲まれた標高1,230mの盆地で、中央に筑後川の水源・鳴子川が南北に蛇行して流れる九州では珍しい高層湿原です。ここは、以前からくじゅう山群への登山基地としてキャンプ場があり、四季を通じて大勢のキャンパーが訪れる美しい景観と清水、温泉に恵まれた楽園です。
 昭和52年(1977)にNHKの「みんなのうた」によって紹介された「坊がつる賛歌」は、この美しい湿原に想いをよせた山男たちの歌です。(画像は J.W さんの提供)
北海道
おれの小樽 襟裳岬 石狩挽歌
東北
津軽海峡冬景色
関東
アメリカ橋 あゝ上野駅 矢切の渡し 赤い靴 たきび
神田川 かもめの水兵さん 鉄道唱歌 男はつらいよ 潮来花嫁さん
伊勢佐木町ブルース 証城寺の狸囃子 銀座の恋の物語 無縁坂
甲信越
早春賦
東海
天城越え 椰子の実 かわいい魚屋さん 人生劇場 すみれの花咲く頃
ふるさとの燈台 喜びも悲しみも幾年月
近畿
岸壁の母 紅もゆる丘の花new 月の法善寺横町 あゝ新撰組 琵琶湖周航の歌
女ひとり 栄冠は君に輝く
中国
関の五本松 春の海 案山子
四国
祖谷の粉ひき節 南国土佐を後にして 豪気節
九州
荒城の月 長崎の鐘 あの子 平戸のうた 元寇
坊がつる賛歌


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.