写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <歌の舞台を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

椰子の実 渥美半島   愛知県田原市
椰子の実・歌碑
椰子の実・歌碑 椰子の実・歌碑
片浜十三里
 「名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実一つ−−」歌碑は、渥美半島の先端である伊良湖岬から少し離れた「日出の石門」近くにある。
 柳田國男は明治31年(1898)年8月から1ヶ月伊良湖に滞在し、その時に椰子の実が漂着しているのを見つけた。帰京後、島崎藤村にこの話をし、藤村は、これを元にして「椰子の実」を書く。
 「椰子の実」は、明治33年(1900)年、新小説に発表された五編の詩のうちの一編で、後に「落梅集」に収められた。

「 椰子の実 」   
   作詞 島崎藤村  作曲 大中寅二
1番 名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ
故郷(ふるさと)の岸を 離れて 汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)
2番 旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる 枝はなお 影をやなせる
われもまた 渚(なぎさ)を枕 孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ
3番 実をとりて 胸にあつれば 新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)
海の日の 沈むを見れば 激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙
思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお) いずれの日にか 国に帰らん
椰子
柳田國男と椰子の実
 日本民俗学の父といわれる柳田國男が「伊良湖岬」の小さな漁村に滞在したのは、明治31年(1898)に夏の約50日間で、東京帝国大学在学中、23歳の時であった。
 柳田に「伊良湖岬」を紹介したのは、当地出身の挿画家宮川春汀であり、彼の語る故郷の素朴な民情に心を引かれた柳田は、伊良湖村の小久保惣三郎の離れ座敷に仮寓し、長期の夏期休暇の日々を送った。
 伊良湖滞在中の柳田は、一夏にわたって近在の村々や神島へと足を伸ばし、風景明媚な自然や、素朴な村人たちとも親好をを深め、自適の中に見聞を広めた。
 「恋路ヶ浜」に流れ着いた「椰子の実」を偶然見つけたのはこの時のことで、後に友人の島崎藤村にその話をしたことが素材となり、不朽の名作「椰子の実」の叙情詩が生まれた。この「椰子の実」の詩は、昭和11年(1936)大中寅二によって作曲され、国民歌謡として多くの人たちに愛誦され、今もなお心の詩として歌い継がれている。
北海道
おれの小樽 襟裳岬 石狩挽歌
東北
津軽海峡冬景色
関東
アメリカ橋 あゝ上野駅 矢切の渡し 赤い靴 たきび
神田川 かもめの水兵さん 鉄道唱歌 男はつらいよ 潮来花嫁さん
伊勢佐木町ブルース 証城寺の狸囃子 銀座の恋の物語 無縁坂
甲信越
早春賦
東海
天城越え 椰子の実 かわいい魚屋さん 人生劇場 すみれの花咲く頃
ふるさとの燈台 喜びも悲しみも幾年月
近畿
岸壁の母 紅もゆる丘の花new 月の法善寺横町 あゝ新撰組 琵琶湖周航の歌
女ひとり 栄冠は君に輝く
中国
関の五本松 春の海 案山子
四国
祖谷の粉ひき節 南国土佐を後にして 豪気節
九州
荒城の月 長崎の鐘 あの子 平戸のうた 元寇
坊がつる賛歌


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.