写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <歌の舞台を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

南国土佐を後にして はりまや橋   高知県高知市
はりまや橋
はりまや橋
「 南国土佐を後にして 」  
  作詞 武政英策  作曲 武政英策   唄 ペギー葉山
1番  南国土佐を 後にして
 都へ来てから 幾歳(いくとせ)
 思い出します 故郷の友が
 門出に歌った よさこい節を
 土佐の高知の ハリマヤ橋で
 坊(ぼん)さんかんざし 買うをみた
2番  月の浜辺で 焚火を囲み
 しばしの娯楽の 一時を
 わたしも自慢の 声張り上げて
 歌うよ土佐の よさこい節を
 みませ見せましょ 浦戸をあけて
 月の名所は 桂浜
3番  国の父さん 室戸の沖で
 鯨釣ったと 言う便り
 わたしも負けずに 励んだ後で
 歌うよ土佐の よさこい節を
 言うたちいかんちゃ おらんくの池にゃ
 潮吹く魚が 泳ぎよる
 よさこい よさこい
江戸期はりまや橋の由来
 藩政時代、堀で隔てられていた豪商播磨屋と富商櫃屋が互いの往来のために架けた私橋が、後に「はりまや橋」と呼ばれるようになった。当時は、簡素な木造りの橋だった。
 橋は、時代とともに幾度か架けかえられ、昭和33年(1958)には南国博覧会のため、朱色の欄干が登場する。翌年、歌謡曲「南国土佐を後にして」がヒットしたことで、同名の映画が創られ、スクリーンに映し出された朱色の欄干が「はりまや橋」として、全国に知られるようになった。
 ここに架かる木造りの橋は、平成5年(1993)、全国から寄せられた680件の「はりまや橋に対する整備のイメージ」を基に、江戸期のはりまや橋として再現したものです。
北海道
おれの小樽 襟裳岬 石狩挽歌
東北
津軽海峡冬景色
関東
アメリカ橋 あゝ上野駅 矢切の渡し 赤い靴 たきび
神田川 かもめの水兵さん 鉄道唱歌 男はつらいよ 潮来花嫁さん
伊勢佐木町ブルース 証城寺の狸囃子 銀座の恋の物語 無縁坂
甲信越
早春賦
東海
天城越え 椰子の実 かわいい魚屋さん 人生劇場 すみれの花咲く頃
ふるさとの燈台 喜びも悲しみも幾年月
近畿
岸壁の母 紅もゆる丘の花 月の法善寺横町 あゝ新撰組 琵琶湖周航の歌
女ひとり 栄冠は君に輝く しあわせ運べるようにnew
中国
関の五本松 春の海 案山子
四国
祖谷の粉ひき節 南国土佐を後にして 豪気節
九州
荒城の月 長崎の鐘 あの子 平戸のうた 元寇
坊がつる賛歌


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.