写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <歌の舞台を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

ふるさとの燈台 御前崎灯台   静岡県御前崎市
ふるさとの燈台・歌碑
ふるさとの燈台・歌碑 ふるさとの燈台・歌碑・清水みのる文
「 ふるさとの燈台 」  
  作詞 清水みのる  作曲 長津義司  歌唱 田端義夫
1番  真帆片帆 歌をのせて通う
 ふるさとの小島よ 燈台の岬よ
 白砂に 残る思い出の いまも仄かに
 さざなみは さざなみは
 胸をゆするよ
2番  漁火の 遠く近くゆるる
 はるかなる小島よ 燈台のわが家よ
 なつかしき 父のまた母の膝はゆりかご
 いつの日も いつの日も
 夢をさそうよ
3番  歳ふりて 星に月にしのぶ
 むらさきの小島よ 燈台の灯よ
 そよ風の 甘き調べにも 想いあふれて
 流れくる 流れくる
 熱き泪よ
 上段の画像は、御前崎灯台の下のある歌碑。
御前崎灯台
 時は昭和20年の初夏、三回目の応召をうけた私は、本土決戦のため千浜より池新田に亘る海岸線の防衛舞台に配属を命ぜられた。玉砕の日の近きを知ったその頃、御前崎燈台の偉容を遠望しつつ、郷里浜名湖の風景にも思いを走らせ、望郷の念やみ難きものをこの作品に織り込んだ。
 今ここに再びこの燈台を仰ぎ見て、当時を偲ぶ懐かしくも哀しみに満ちた思い出は、余りにも鮮やかに私の胸によみがえる。
   昭和49年5月23日   清水みのる (碑文より)
<以前の投稿欄のコメント>
 昭和38年ごろ私は見習い看護婦をしていました。
婦長さんは満州の海軍病院を志願して、数年働いたそうです。
「かえり船」「ふるさとの燈台」の唄を、リズム良く歌っていました。時には涙ぐんでもいました。
 インターネットで田端義夫歌手の凄さがわかり、CDまで購入して聞いています。若い頃が懐かしく思いだします。この歌は何度聞いても飽きません。詩は文部唱歌にでも良いすぐれた歌だと思います。テレビなどで多いに流してほしいです。
北海道
おれの小樽 襟裳岬 石狩挽歌
東北
津軽海峡冬景色
関東
アメリカ橋 あゝ上野駅 矢切の渡し 赤い靴 たきび
神田川 かもめの水兵さん 鉄道唱歌 男はつらいよ 潮来花嫁さん
伊勢佐木町ブルース 証城寺の狸囃子 銀座の恋の物語 無縁坂
甲信越
早春賦
東海
天城越え 椰子の実 かわいい魚屋さん 人生劇場 すみれの花咲く頃
ふるさとの燈台 喜びも悲しみも幾年月
近畿
岸壁の母 紅もゆる丘の花 月の法善寺横町 あゝ新撰組 琵琶湖周航の歌
女ひとり 栄冠は君に輝く しあわせ運べるようにnew
中国
関の五本松 春の海 案山子
四国
祖谷の粉ひき節 南国土佐を後にして 豪気節
九州
荒城の月 長崎の鐘 あの子 平戸のうた 元寇
坊がつる賛歌


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.