写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <歌の舞台を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

紅もゆる丘の花 吉田山   京都市左京区
「紅もゆる丘の花」の碑
「紅もゆる丘の花」の碑 「紅もゆる丘の花」(三高逍遥の歌)の説明文
吉田山
「 紅もゆる丘の花 」(三高逍遥の歌)
     作詞 沢村胡夷  作曲 沢村胡夷
紅もゆる丘の花 早緑(さみどり)匂う岸の色 都の花にうそぶけば 月こそかかれ吉田山
みどりの夏の芝露に 残れる星を仰ぐ時 希望は高く溢れつつ 我らが胸に湧き返る
千載秋の水清く 銀漢空にさゆる時 通える夢は崑崙(こんろん)の 高嶺の此方ゴビの原
ラインの城やアルペンの 谷間の氷雨なだれ雪 夕べはたどる北溟(ほくめい)の 日の影くらき冬の波
ああ胡里よ野の花よ ここにも萌ゆる六百の 光も胸も春の戸に うそぶき見ずや古都の月
それ京洛(けいらく)の岸に散る 三年(みとせ)の秋の初紅葉 それ京洛の山に咲く 三年の春の花あらし
左手(ゆんで)の書(ふみ)にうなづきつ 夕べの風に吟ずれば 砕けて飛べる白雲の 空には高し如意ヶ獄(にょいがたけ)
神楽ヶ岡(かくらがおか)の初時雨 老樹のこずえ伝うとき けい灯かかげ口ずさむ 先哲至理の教えにも
あゝまた遠き二千年 血潮の史(ふみ)や西の子の 栄枯のあとを思うにも 胸こそ躍れ若き身に
10 希望は照れり東海の み富士の裾(すそ)の山桜 歴史を誇る二千載 神武の児等が立てる今
11 見よ洛陽の花がすみ 桜の下の男(を)の子らが いま逍遥(せうえう)に月白く 静かに照れり吉田山
 京都大学の時計台を見ながら吉田神社に向かう。吉田神社の境内に入っていくと吉田山への道がある。山頂方面に進むと山らしくなってくる。山頂は公園になっている。山頂の小さな公園からは大文字山がよく見える。一人、大文字山に向かって絵を描いている人に出会う。すぐ近くに「紅もゆる丘の花」の記念碑がたっている。説明文もあったがかすれている。 
北海道
おれの小樽 襟裳岬 石狩挽歌
東北
津軽海峡冬景色
関東
アメリカ橋 あゝ上野駅 矢切の渡し 赤い靴 たきび
神田川 かもめの水兵さん 鉄道唱歌 男はつらいよ 潮来花嫁さん
伊勢佐木町ブルース 証城寺の狸囃子 銀座の恋の物語 無縁坂
甲信越
早春賦
東海
天城越え 椰子の実 かわいい魚屋さん 人生劇場 すみれの花咲く頃
ふるさとの燈台
近畿
岸壁の母 紅もゆる丘の花 月の法善寺横町 あゝ新撰組 琵琶湖周航の歌
女ひとり 栄冠は君に輝く
中国
関の五本松 春の海 案山子
四国
祖谷の粉ひき節 南国土佐を後にして 豪気節
九州
荒城の月 長崎の鐘 あの子 平戸のうた 元寇
坊がつる賛歌new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.