写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <歌の舞台を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

男はつらいよ 渥美清・フ−テンの寅さん   東京都葛飾区
男はつらいよ・寅さん
男はつらいよ・寅さん 男はつらいよ・柴又駅
男はつらいよ・高木屋 男はつらいよ・神明會
「 男はつらいよ 」
       作詞 星野哲郎  作曲 山本直純   唄 渥美 清
わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で産湯をつかり姓は車、名は寅次郎、人呼んでフーテンの寅と発します
1番 俺がいたんじゃ お嫁にゃ行けぬ わかっちゃいるんだ 妹よ 
いつかおまえの よろこぶような 偉い兄貴に なりたくて 
奮闘努力の 甲斐も無く 今日も涙の 
今日も涙の 日が落ちる 日が落ちる
2番 どぶに落ちても根のある奴は いつかは蓮の花と咲く  
意地は張っても心の中じゃ 泣いているんだ兄さんは  
目方で男が売れるなら こんな苦労も  
こんな苦労も掛けまいに 掛けまいに
男というもの つらいもの 顔で笑って 
顔で笑って 腹で泣く 腹で泣く
とかく、西に行きましても、東に行きましても、土地土地のお兄貴(あに)さん、お(ねえ)さんにごやっかいかけがちになる若造です。以後、見苦しき面体(めんてい)見知りおかれまして、恐惶万端(きょうこうばんたん)ひきたって、よろしくおたの申します
 当初、歌い出しは「俺がいたんじゃお嫁に行けぬ。分かっちゃいるんだ妹よ」だったが、妹さくらが結婚したため、その後は「どうせおいらはやくざな兄貴・・」と変更された。
 寅さんは損ばかりしながら生きている。江戸っ子とはそういうものだと、別に後悔もしていない。人一倍他人には親切で家族思いで、金儲けなぞは爪の垢ほども考えたことがない。そんな無欲で気持ちのいい男なのに、なぜかみんなに馬鹿にされる。もう二度と故郷になんか帰るものかと、哀しみをこらえて柴又の駅を旅立つことを、いったい何十辺くり返したことだろう。
 でも、故郷は恋しい。変わることのない愛情で自分を守ってくれる。妹のさくらが可哀想でならない。
 −−ごめんよさくら。いつかはきっと偉い兄貴になるからな−−
 車寅次郎はそう心に念じつつ、故郷柴又の町をふり返るのである。
    1999年8月  山田洋次   (寅さんの像にある碑文より)      
北海道
おれの小樽 襟裳岬 石狩挽歌
東北
津軽海峡冬景色
関東
アメリカ橋 あゝ上野駅 矢切の渡し 赤い靴 たきび
神田川 かもめの水兵さん 鉄道唱歌 男はつらいよ 潮来花嫁さん
伊勢佐木町ブルース 証城寺の狸囃子 銀座の恋の物語 無縁坂
甲信越
早春賦
東海
天城越え 椰子の実 かわいい魚屋さん 人生劇場 すみれの花咲く頃
ふるさとの燈台
近畿
岸壁の母 紅もゆる丘の花 月の法善寺横町 あゝ新撰組 琵琶湖周航の歌
女ひとり 栄冠は君に輝く
中国
関の五本松 春の海 案山子
四国
祖谷の粉ひき節 南国土佐を後にして 豪気節
九州
荒城の月 長崎の鐘 あの子 平戸のうた 元寇
坊がつる賛歌new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.