写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <歌の舞台を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

すみれの花咲く頃 白井鐵造   静岡県浜松市
すみれの花咲く頃
すみれの花咲く頃 春野町・すみれ街道
白井鐵造
 明治33年(1900)〜昭和58年(19839。宝塚歌劇団演出家、宝塚歌劇団理事。静岡県周智郡犬居村犬居(静岡県浜松市天竜区春野町犬居)に生まれる。本名は虎太郎。犬居尋常小学校を卒業後、浜松日本形染株式会社へ入社したが、大正6年(1917)同社を退社し上京。岸田辰弥に弟子入りし音楽・舞踏・演劇修業に専念する。
 大正10年(1921)9月1日宝塚歌劇団に入団。劇団創始者の小林一三にその人柄・実力を認められ、本場パリへの遊学を勧められ渡欧。
 昭和5年(1930)8月帰朝第一回作品の「パリゼット」は世人の目をみはらせた。この作品の主題歌「すみれの花咲くころ」は、多くの人に愛唱された。大正11年(1922)7月の「金の羽」(お伽歌劇)上演以来、宝塚を背負い60余年。「パリゼット」「虞美人」「花詩集」等不朽の名作を含めて白井鐵造は作品は二百余に上り、日本最初の本格的レヴューとして宝塚の名を高めた。
 志は清新で、強く真実を貫いた信念の人白井鐵造は、またふるさとの自然とそこに住む人々をこよなく愛した。昭和39年(1964)に紫綬褒章を、昭和45年(1970)に勲四等旭日小綬を受賞。昭和57年(1982)春野町名誉町民に選ばれた。
歌碑
 「すみれの花咲く頃」の歌碑は、旧春野町立南中学校にある。現在、春野南中は統合され、廃校になっている。春野町犬居地区にはすみれを記念して「すみれ街道」が設けられている・(2段目右画像)
気田川
白井鐵造記念館 白井鐵造記念館
 春野町を流れる気田川。白井鐵造も幼い頃、この川で遊んだことだろう。川沿いに「白井鐵造記念館」がある。鐵造愛用品の電気スタンド、置時計、ペンさし、眼鏡と眼鏡立て、電話機などが展示されている。 
すみれの花咲く頃
「 すみれの花咲く頃」  
   作詞:Fritz .Rotter  作曲:Franz Doelle 日本語詞:白井鐵造
1番  春すみれ咲き 春を告げる
 春何ゆえ人は 汝を待つ
 楽しく悩ましき 春の夢 甘き恋
 人の心酔わす そは汝
 すみれ咲く春
    すみれの花咲く頃
    はじめて君を知りぬ
    君を思い 日ごと夜ごと
    悩みし あの日の頃
    すみれの花咲く頃
    今も心奮(ふる)
    忘れな君 我らの恋
    すみれの花咲く頃
2番  花の匂い咲き 人の心
 甘く香り 小鳥の歌に
 心踊り 君とともに 恋を歌う春
 されど恋 そはしぼむ花
 春とともに逝く
    すみれの花咲く頃
    はじめて君を知りぬ
    君を思い 日ごと夜ごと
    悩みし あの日の頃
    すみれの花咲く頃
    今も心奮う
    忘れな君 我らの恋
    すみれの花咲く頃
北海道
おれの小樽 襟裳岬 石狩挽歌
東北
津軽海峡冬景色
関東
アメリカ橋 あゝ上野駅 矢切の渡し 赤い靴 たきび
神田川 かもめの水兵さん 鉄道唱歌 男はつらいよ 潮来花嫁さん
伊勢佐木町ブルース 証城寺の狸囃子 銀座の恋の物語 無縁坂
甲信越
早春賦
東海
天城越え 椰子の実 かわいい魚屋さん 人生劇場 すみれの花咲く頃
ふるさとの燈台
近畿
岸壁の母 紅もゆる丘の花 月の法善寺横町 あゝ新撰組 琵琶湖周航の歌
女ひとり 栄冠は君に輝く
中国
関の五本松 春の海 案山子
四国
祖谷の粉ひき節 南国土佐を後にして 豪気節
九州
荒城の月 長崎の鐘 あの子 平戸のうた 元寇
坊がつる賛歌new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.