写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 < 趣味悠々ー人生を楽しむ

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
遺跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back 城・城跡
 建築・構造物
歴史的建造物 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼・湿原 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
日曜画家  
 管理人
管理人備忘録 リンク集
三味線 日本の代表的楽器   静岡県浜松市
津軽三味線
津軽三味線
 三味線が日本に伝来したのは、16世紀中頃という。地方から都市へ、都市から地方へと人の往来が盛んであった江戸時代に、三味線は急速に全国に広がり、日本の代表的な楽器となった。
 琵琶などに比べ、音域が広いこと、持ちやすいこと、また、声楽の旋律の進行とリズムを補助するものに適していたことがその理由と考えられる。三味線には次のようなものがある。
 名称  由来・用途など
 三線
(さんしん)
中国から琉球へ伝来。胴にはニシキ蛇の皮を張る。現在、沖縄地域を代表する楽器
 三味線 琉球から伝来した三線をもとに考案。地歌、長唄、義太夫、新内などに使用され、演奏する音楽によって形態がやや異なる。
 ゴッタン 薩摩地域で民謡伴奏に使用。三味線と三線の特徴をあわせ持つ。形状から」「箱三味線」「板三味線」ともいう。
即今目前
金澤翔子 書展@ 書展A 金澤翔子と龍雲寺

趣味悠々
クロマハープ サーフィン SUP(サップ) パラモーター ラジコン・グライダー
パラグライダー@ パラグライダーA

釣り
北海道 函館港 サバ釣り ホッケ釣りnew
甲信越 平谷湖 富士五湖
東海 伊浜漁港 佐鳴湖 水窪川 折戸湾
鳥羽港 片浜十三里 恋路ヶ浜 日出の石門
赤羽根港 浜名湖 蔦の淵 木曽川
清水港
近畿 宇治川 山田池
中国 浜田港
四国 与島

楽器
日本 チンドン ゴッタン ビードロ 一絃琴
胡弓 三線 三味線
雅楽 一絃琴 琵琶
ヨーロッパ サクソフォーン ヴァイリン オーボエ オクタヴィン
ギター クラヴィコード クラリネット オルガン
チェンバロ チター トランペット・マリーン トロンボーン
ハープ・リュート バグパイプ バラライカ ファゴット
ハープ ハーディ・ガーディ
アメリカ バンジョー アパラチア・ダルシマー
東南アジア ジャワ島のガムラン バリ島のガムラン サイン・ワイン ジュゴッグ
スナリ
アフリカ 親指ピアノ ヴァリハ バラフォン リトゥング
中国 編馨 編鐘
インド ガタム
モンゴル 馬頭琴
オーストラリア ディジェリドゥー
南米 ツゥン



Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.