「街道写真紀行」 → 写真紀行・旅おりおり 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <街道写真紀行:街道を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント祇園祭夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

鞠子宿(丸子宿) 丁子屋(東海道)  静岡県静岡市
丁子屋
丁子屋 丁子屋
徳川慶喜の大政奉還を知らせる高札 安藤広重・鞠子「丁子屋」
 この道筋は、江戸時代の東海道です。丸子宿は文治5年(1189)、源頼朝が、奥州平定の功績により、手越平太家継という駿河の武士に丸子一帯を与えて駅家を設けたのが起源といわれている。今の元宿といわれる辺りです。戦国時代には今川家に仕えた連歌師宋長も「丸子という里、家五、六十軒、京鎌倉の旅宿なるべし」と記している。
 江戸時代になり、徳川家康によって東海道の整備が行われると、丸子宿は品川宿から数えて二十番目の宿場町に定められた。比較的小さな宿場町であったので、周囲の村々からも人足や馬を供給していた。(助郷制度) 
 「うめ若菜、丸子の宿のとろろ汁」と松尾芭蕉が詠み、また十返舎一九の東海道中膝栗毛に鞠子の名物としてとろろ汁の話が出てくるように、この鞠子宿(丸子宿)の名物は「とろろ汁」だった。
 丸子にある旧東海道沿いの茅葺き屋根の丁子屋は、広重の浮世絵にでてくる茶屋の雰囲気をよく伝える建物で、とろろ汁がお勧めです。店内には徳川慶喜の大政奉還を知らせる高札が掲げられていた。 
当時の丁子屋のとろろ汁 現在の丁子屋のとろろ汁
 左側は、当時(江戸時代)のとろろ汁。右側は、現在のとろろ汁。
鞠子宿(丸子宿) 鞠子宿(丸子宿)
 上画像の辺りは東の見付を通り丸子宿に入ってきたところです。見付は、宿場の出入り口にあり、往来を監視する機能をもっていた。
 現在、宿通りを呼ばれるこの通りに、往時を偲ばせるような建物は残っていないが、本陣跡、脇本陣跡の碑や、格子戸の残る家、間口が狭く奥行きの深い家並みなどから、丸子宿の様子を思い起こすことができる。
 天保14年(1843)の『東海道宿村大概帳』では、宿内町並東西七町、惣家数二一一軒、そのうち本陣一軒、脇本陣二軒、旅籠二四軒、人口七九五人、と記録されている。
 丸子宿には、お七里屋(しちりや)と呼ばれる紀州藩御用を務める機関もあった。
江戸時代の丸子宿> 駿河国有度郡丸子宿 駿河町奉行支配所 
丸子宿の成立 慶長6年(1601)徳川家康により東海道の伝馬駅として指定される
位置 江戸へ46里4町40間(約184q)
府中へ10里16町 岡部へ2里
宿内家並 東西長さ350間(630m)
宿内人口 総数795人  (男366人、女429人)
宿内総家数 211軒
宿泊施設 本陣1軒 建坪280坪
脇本陣2軒
旅旅籠  大 2軒  中 16軒  小 6軒
問屋場 一ヶ所 人足100人 馬100疋
高札場 一ヶ所 宿西入口に立つ

大きな地図で見る
関東
東京 日本橋 江戸六地蔵 庚申塚 千住宿
高輪大木戸 札の辻
箱根 箱根杉並木 箱根関所 箱根旧街道
日光杉並木
甲信越
和田宿 妻籠宿 東山道 奈良井宿
東海・北陸
浜松 舞坂宿 塩の道 姫街道 気賀関所
二つ御堂
静岡 鞠子宿(丸子宿) 由比宿
島田 金谷坂の石畳 大井川川越遺跡町並
湖西 白須賀宿 新居関所
豊川 御油宿 御油の松並木 赤坂宿
岡崎 藤川宿 藤川宿の松並木
名古屋 四間道 有松宿
知立の松並木 七里の渡し 三島の松並木 二川宿 関宿
馬籠宿 日坂宿 琵琶峠石畳 細久手宿 野麦街道
大井宿
近畿
熊野古道 松本峠 馬越峠 大門坂 熊野参詣道
熊野道
草津 草津宿本陣 草津宿・道標
醒井宿 土山宿 愛宕街道 朝鮮人街道
四国
吉良川町 枡形new
九州
長崎 龍馬通り 浦上街道
各地
宿場名物


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.